映画

今週のイッポン カーズ2

前作より映像のクォリティ・スケール感は格段にレベルアップしてるが、登場人物(車物?)の心情変化が急すぎて

いまいちな印象。あと、メーターが馬鹿すぎてイライラする(笑)

むしろ、本編の前に流れたトイ・ストーリーの短編の方が良かった。

| | コメント (2)

今週のイッポン コクリコ坂から

かなり良い出来なのでは?おすすめですよ。

ちょいちょい引っかかるとことか、ここはもっと引っ張っても良かったんじゃない?ってところはありましたが、そこは個人の好みでしょう。

そして、やはり手島葵の歌がこの映画を心に焼き付ける最大の功労者であると思う。

あと、声の出演で大森南朋が、すごくいい。

「ジブリ声の出演者」で田中裕子・美輪明宏的なポジションになってくれないかな(笑)

ジブリってメインどころには、プロの声優を起用しないんだということを最近知りました。

| | コメント (0)

今週のイッポン SUPER8

いや~怖かった~そんでオモロかった~。

往年のスピルバーグ作品が好きな人はぜひ観たほうがいい。

スピルバーグへのオマージュがふんだんに盛り込まれていて、ある意味スピルバーグ以上にスピルバーグ。

 

この映画は、小島慶子キラ☆キラの映画評論家町山智浩さんの批評(2011/06/17配信分)が秀逸なので興味ある方は聞いてみてもよいかも。


http://www.tbsradio.jp/kirakira/2011/06/-lostjj-3.html

| | コメント (0)

今週のイッポン プリンセストヨトミ

1ヶ月ぶりに劇場に行きましたが、やっぱりたのしぃなぁ~

 

大阪人はこの映画をどう観るのだろう?

そういえば、大阪ってちゃんと行ったことがないんだよなぁ~

粉物にはあんまり興味ないけど(わたくし「食べ物は北に行くほど上等になる」説に賛同しております)

あの、カオスな雰囲気を感じてみたい。

一時でも歴史のメインストリームの舞台となった土地の文化や、そこで育まれた人間性みたいなものに漠然とした憧れに似た感情を持つのは

自分が、生粋の裏日本・北東北人であるからだけでは無いだろうと思う。

 

結構よい出来の作品だと思うけど、あんまり話を聞かないとこをみると成績はよくない?(実は、豪華キャストなんだけど)

ざっくり切ると、縦軸:歴史ロマン 横軸:浪花節って感じかな。

| | コメント (0)

今週のイッポン パイレーツオブカリビアン 生命の泉

いいまでのシリーズとは雰囲気が少しちがうなぁというのが最初の印象(あたりまえか)

展開がちょっと単調なかんじがした、人魚の件はよかった、というか怖かった(笑)

パイレーツは2が一番だと思う。

それにしても、戸田奈津子の訳はいよいよダメだと思う。そろそろ後塵に椅子を譲られてはどうだろうか・・・

| | コメント (0)

今週のイッポン 岳

漫画ちょろっと読んだことがあったので、内容的にはほぼ予想通りな感じ。

山映画というニッチなジャンルで山好きでない人にもちゃんとエンターテイメントとして提供出来てると思うので、良い作品かと。

原作に思い入れが強いと「原作に比べると・・・」的な思いにかられがちですが

漫画は漫画

映画は映画

同じものさしで測るのは、ちょっとちがうと思う。

 

山映画で思い出すのが「バーチカル・リミット」

カナダのバンフで上映したところ、あまりに出演者の行動が間抜け且つありえないため

館内大爆笑w本気でコメディーだと思ってた人が居た程だったとかww

 

あと、同じ回にN泉さんがwまだまだむこうで頑張られてるようです。頭が下がります。

| | コメント (0)

今週のイッポン SP革命編

「すべて、あきらかに」なりませーんw

「すべて、おわり」ませーんww

予告編ちゃんと観たら「最終章へ」ってなってた。今作が最終章のはじまりってことか・・・

今作でさらに謎は深まるばかり、一人一人の言動と行動と利害関係を思い出しては、推理する楽しみはあります。

それにしても井上(主人公)があまりにもタフすぎるw

あれだけ格闘して汗一つかいてないし、スーツも汚れてるようには見えんし。

公開日が3・12。興行成績は、震災の影響をモロにうけてしまっただろうなぁ・・・

| | コメント (0)

今週のイッポン 漫才ギャング

久しぶりの映画ネタ。やっぱり劇場はいいっすな~

みるひとが観たらいろいろと粗が視えるのだろうけど素人には十分、すごいよかった。

宮川大輔って役者としても、なかなか良いね。

 

映画館行かない間もチョコチョコDVD借りてこんな映画みてました。

エンロン』ドキュメンタリー、当時アメリカ最大の企業スキャンダルを追う。

スーパーサイズ・ミー』ドキュメンタリー、1ヶ月マクドナルドだけを食べ続けたらどうなるかを監督自らの体で実験。

ブリッジ』ドキュメンタリー、ゴールデンゲートブリッジは自殺の名所としても有名、カメラの前で橋から飛び降りた人々の背景にせまる。

敬愛なるベートーヴェン』再視聴、エド・ハリス抜群、第九初演シーンはすばらしすぎる。

サンキュー・スモーキング』再視聴、ロビイストって人種は好きになれないがこの映画は好き。

これはもう、ひとつのエンターテイメント。「見て!見て!見て見て見て!」byマーフィー岡田

http://youtu.be/5ErL9x6qPfE

http://youtu.be/0qadr7t1z4k

ダラスの熱い日』ドキュメンタリータッチ、JFKモノの名作。

キック・アス』2010年度最高の一本との前評判ながら、公開も遅れ規模も小さかったのでやっと観れた。無茶苦茶カッコイイ、TSUTAYAにあります、ぜひ。

| | コメント (0)

今週のイッポン 英国王のスピーチ

映画としての完成度がむちゃくちゃ高い

芝居・撮影・編集はもう言うに及ばず

なにより、大道具・小道具・衣装がイチイチかっこいい。

 

吃音と重責に苦しみながらも責務を果たそうとする王と、

その立場を理解し敬意を持って静かに見守る当時の英国国民

観といて損はないかと

| | コメント (0)

今週のイッポン ヒア・アフター

あのラストシーンはいろんな解釈ができそう。

観終わった後も今も未だモヤモヤっとしたものが残ってる感じ

ん~・・・よくわかんないけどもう一回観たいなぁ~

ちょうど漫画家の黒鉄さんが徹子の部屋で

「あの世は無いと思って生きたほうがいい。いざ死んでみて、あの世があったら儲けもんだし、もしなくてもがっかりしない。」

って言ってた。

なるほど、俺もそう思っとこ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧