書籍・雑誌

あけましておめでとうございます。

001

この時期、限りなく無職に近い身ゆえ(笑)

朝ごはんを食べて滑りに行って昼過ぎに帰って来て家でゴロゴロ寝っ転がりながら本読んだりしてます。

004

最近読んだ(読み直した)本↑

「竜馬がゆく 1~8巻」

NHKのドラマ「坂の上の雲」がすばらしく良い出来で、冒頭の渡辺謙のナレーションで「まことに小さな国が~」と聞いた瞬間、自分の中の「司馬スイッチ」がパチリと入り家にある司馬作品を漁って読みふけってしまいました。

司馬作品に初めて触れたのは「最後の将軍」。内容もさることながらとにかく文体のかっこよさにしびれた思い出が。

「竜馬がゆく」と「坂の上の雲」は時代が近いこともあって両作品に登場する人物もたくさん居て感慨深い。

 

「火怨」

東北人なら読まねばばらぬ高橋克彦みちのく三部作「炎立つ」「天を衝く」「火怨」読み出せば長くなるのがわかっているんで手が出せずにいたんですが読み始めると、んまぁ~面白い。はまりました。

 

「バイアウト」

病院の待ち時間が暇でなんとなく買った本。経済モノもすきでして。

 

「The Long Goodbye」

村上春樹訳で軽装版が出ていたので思わず手に。言わずと知れたレイモンド・チャンドラー、村上春樹も訳者あとがきで書いていますがチャンドラーの書き上げる文章のオリジナリティーは以降の小説家に多大な影響を与え、模倣する者も後を絶たないが到底オリジナルを超えることはどだい無理であると。

もう、とにかく「格好がいい」。「格好がいい」とはこおゆう事なんだと思わされる。

自分の中で探偵といわれれば、ホームズでも明智でもなくやっぱり「フィリップ・マーロウ」だなと再認識。

 

「人類が消えた世界」

今現在の地上から人類だけをパッと無くしてしまったら、我々が生活している世界はどうなってしまうか?という疑問を主に環境の面からシュミレートした作品。

人類が消えた世界を想像するには人類が世界に何をしたかを考えると答えに近づく。

「プラスチック」と「核廃棄物」に関する項がズシリときました。

| | コメント (0)

おすすめの本  心臓を貫かれて

41N7XZVVS3L__SL500_AA240_最近、本を読む暇ができてまして本棚を眺め、久しぶりに読み返し(これまで3~4回?くらい)てみました。何度読んでも飲みこまれてしまう本です。

『心臓を貫かれて』

マイケル・ギルモア 著、 村上春樹 訳 ノンフィクション

著者であるマイケル・ギルモアの家族の物語。マイケルはローリング・ストーンズ誌などで仕事をした音楽ライター。その家族、父フランク、母ベッシー、長男フランクjr、次男ゲイリー、三男ゲイレン、四男マイケル。

フランクは詐欺師、ベッシーは敬虔なモルモン教徒の家庭出身、マイケルと年の離れたフランクjr・ゲイリー・ゲイレンは父親の壮絶な家庭内暴力と不安定な生活の中で育つ。そのような環境で育ったフランクjrは行方不明、ゲイリー・ゲイレンは常習的な犯罪者となり、後にゲイレンは何者かに殺害される。

そして、本著の中心人物である二男ゲイリー・ギルモアは、ユタ州において2人のモルモン教徒を殺害し強盗殺人で死刑を宣告される。当時アメリカでは死刑廃止の世論が強く、死刑を宣告されても実質的には終身刑と同じだったが、ゲイリーは法廷に対して自分が判決通り処刑されることを求める「私は男らしく死にたいと思う」「銃殺刑を求める」と。このことは全米で報道され一時期ニュースでゲイリーを見ない日はないほどに。そんな中、マイケルは死刑執行停止を求めて奔走する・・・

ゲイリー・ギルモアについてはノーマン・メイラーの『死刑執行人の歌』が全米大ベストセラーになりピューリッツァー賞を受賞しています。また、テレビ映画化(トミー・リー・ジョーンズ出演)もされています。

あとがき抜きで上下二段600ページ弱、内容もさることながら文量もずしり(文庫もあり)。クリスマス気分に水を差したい方におススメ(w

| | コメント (0)

おすすめの本

ぽつぽつと秋田県内でもスズキや海サクラの釣果が聞こえ始めましたねぇ~雄物川の水位も下がってきましたし。6月が楽しみ。部屋の中は、引っ張り出し始めた釣り道具と居残るスキー道具でごっちゃごちゃ、初冬の時期もこんなんだったな~(笑)

そんな季節に読みたくなる本

『トラウト・バム』 ジョン・ギーラック著  東 知憲訳 つり人社

アメリカで1986年に出版され去年4月に翻訳版が出ました。20年も前の本なんですが何で今まで翻訳されなかったのか不思議なくらいの名著。翻訳もすばらしい。もう何度も読み返してます。フライやる人には、けっこう読まれてるでしょう、多分。自分は、フライやりませんが(笑)

アメリカ文学独特の文体って好き嫌い分かれるみたいだけど、自分は大好き。著作全部翻訳してくんないかな?つり人社さん、どうか一つ。

明日、秋田最高気温25度!!!うぎゃ~夏だぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)