« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

Vmaxバッテリー交換とプチ改良

Vmaxの泣き所の一つがバッテリーの弱さ。ちょっと乗らないとエンジン掛からないのは当たり前で、出先でエンジン止めるときは「ここで掛からなかったらどうしよう・・・」という不安が常に付きまとう(幸いにも今のところ出先で掛からなくなったことは無し)配線も治してみたいとこですが、時間も知識も無いのでとりえずバッテリー交換。

DSC_0182

シートをはずして

リア側のプラグキャップ、バッテリー端子、カプラーをはずし、イグニッションマウントプレートを脇に寄せるとようやくバッテリー登場。

慎重に引っこ抜いて・・・やっぱラインぎりぎり、水足すのめんどいもんな~

完全密封型鉛蓄電池(12V22Ah)WP22-12そんなわけでMF化、秋月電子のWP22-12。

ネットで見る限りMF化する場合、XJR1300なんかにも使われてる物(名前忘れたw)を流用するかWP22-12にするあたりが大半みたい。

違いは、

1、XJRのはメーカー指定なわけで信頼性は○

2、Vmaxのは16Ah、XJRのは14Ah。付けた人の話では問題なし、むしろバッテリーの性能が上がってるので調子がいいなんて話も。

3、WP22-12は、22Ah。こちらも特に問題はおきないよう。

4、WP22-12は、昔はもう少しサイズが大きかったらしくバッテリーケースを加工する必要があったが、現行品はそのままいける。

5、値段:XJRのは15000~16000円、WP22-12定価4800円。

 

やはり値段がww

 

ついでに端子から配線してカプラーで簡単にバッテリーキーパーとつなげられるように改良。

これでバッテリー上がりの不安から開放された・・・はず。

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »