« 秋田駒遊び | トップページ | 今週のイッポン 花のあと »

09-10BC 秋田駒 4/4

001 天気予報では、快晴の一日。

のはずが、向かう道すがら曇り空、キャット乗り場に着く頃には雪。八合目は、真っ白。見えまへん。

しかし、ホワイトアウトでも歩き慣れた男女へのルート、気にせず出発。天気回復するはずだし。

真っ白の浄土平はさすがに右も左も分からない。リングワインディングする自信アリw

GPSで阿弥陀小屋を探してしばしガスが薄まるのを待つ。

小一時間待つと上の写真程度に切れ切れのガスになり始めたので男女へ。

先日より大分雪も下がった感あり。もちろん、滑るにはまだまだ十分。

視界はイマイチどころかイマサンぐらいなんだけど、見えない状態で滑るの苦手ではないんです。

もちろん、見えた方が楽しいんですけど、見えないものを見ようとしても無駄なので感覚で滑っちゃいます。みなさんもそうでしょ?ちがう?

雪はパックスノーでしたが楽しく1本。

002その後、横岳東面に到着した頃には青空も見え始め予報通りの快晴に。

003 まず1本、いい感じに緩み始めてきた標高差350m程のオープン。気持よかったぁ。

最後の方はザラメ始めておりました。その場で岩手方面を一望しながら早めの昼食。

006(雫石方面からの秋田駒)先日のカスタムフェアーの帰りに)

天気の良い日に岩手側から見る秋田駒横岳は、なかなかカッコよく、そんな景色の中に居るのは格別。今日は雪もいいし斜面もいい。

ご覧の通りよさげなオープンだらけなのでランチタイム終了後、登り返して他の斜面も様子見してみようと出発。

様子見などと言ってもこの状況で「見て」しまったら行くしかないわけで、案の定気持ちよさそうな尾根筋から目が離せなくなり荷物をデポしてもう一本。

004気温が上がってきたのでストップ雪になり始めてるかも・・・などとちょっと心配したけど、むしろ板ガンガン走る雪でおまけにところどころ氷結っぽいポイントはフィルムクラスト化しておりエクセレント。

国見に降りるコースじゃない我々は、ここから横岳までたっぷり登り返します。

005 エッチラオッチラ登り返して横岳ピークに着いてみると、男女は大分トラックが入りさらに登ってる人上にいる人大した賑わい。しかし横岳のいつもの斜面は何故か手付かずのまま。

滑ってみると途中からなんとパウダー!さすが北向き。登り返したご褒美とひとりごちるw

そして、最後は裏カモロングランで〆。

いや~滑ったなぁ登ったなぁ~今日は。ざっと集計してみたら累計滑走標高差は1540m、距離は推して図るべしw

kudohさんありがとうございました~またよろしくっす。

|

« 秋田駒遊び | トップページ | 今週のイッポン 花のあと »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

いやぁ さすがのバリエーション。
今シーズンご一緒できなかったのが残念ですわ。
来週の鳥海山も晴れるといいっすね。

投稿: 310jun | 2010年4月 5日 (月) 23時42分

そうっすね~晴れて欲しいっす。
いまのところ微妙な予報・・・
ではありますが雪上泊久しぶりなんでかなり楽しみにしてまっす。

投稿: 七衛門 | 2010年4月 6日 (火) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田駒遊び | トップページ | 今週のイッポン 花のあと »