« 今週のイッポン Dr.パルナサスの鏡 | トップページ | 今週のイッポン ゴールデンスランバー »

09-10BC 秋田駒・熊ノ台尾根北面

016

先日やっつけじまいだったこやつを滑べりに。

中生保内登山口に靴をデポしてから旧スノーワールドタザワへ。

駐車場で準備してると、物珍しかったのかホテルタザワの宿泊客らしき兵庫から来たというおばちゃん二人に捕まり根掘り葉掘り聴かれる(笑)

011 そんなこんなで出発は9時チョイ前、ゲレンデ跡地をテクテクと歩いて八ツ木トップまで、1.5h。

 

八ツ木から西外輪への尾根は最初は藪チックにアップダウンでペース上がらず、ようやく歩きやすくなってくると016こんなのや023こんなの

019 さらにこ~んな斜面。「ここ滑っても帰れるんだよな~滑っちゃおっかな~」と心が揺れますが足早に通り過ぎて誘惑を振り切る(笑)

昼飯を挟んで西外輪着、横長根への取り付きまでシールのまま慎重に下る。ここは手前からトラバースしちゃった方が楽かも。

028

横長根に取り付き熊ノ台尾根分枝付近。

真ん中の開けてる部分が尾根筋、左側は雪庇。

目標地点は右側のピーク、左奥が1115mのピーク。

秋田駒周辺の気象条件ではこの時期1200m位までで、できれば北面系、それ以上だったら風裏の東系が良いことが多い。と思う、いいままでの経験では。

031 ようやく到着。1時半前、ここまで4.5h。滑るラインはもう頭に入ってるんでサクっと行きます

image

ズバーンと標高差350m位、滑り出しはさすがに固かったもの下るほどに良い雪に、斜度もいい感じでご満悦♡

ボトムまで滑って横移動、シールはって標高なるべく下げないように移動する予定でしたが、なんかしばらく滑ってイケそうなんでスルスル滑って「お~楽々~」なんて喜んでたら、あっさり沢(地図未記載)にぶつかって結局登り返して渡り、さらにもう一本沢にぶちあたりましたが水量がたいしたことなく板外して渡る。あ~めんどくさい。

この先はすべて埋まっていたんで助かりました。雪少なかったらさらにめんどくさかったことでしょう。

少し歩いて植林地帯に入る。地図には載ってないが植林用の林道があることを航空写真で確認してるのでここまでくればほぼ安全圏。

あとは林道を下って、中生保内登山道に合流し延々下り、斜度が全然なくなってからはシールはってうんざりするほど歩いて3時過ぎデポ地着。

靴履き替え、バックパックだけ持ってバス停に。

10分位遅れてバスが来る「なんでそんなにおくれるのよ、平日のこの時間はそんなに人も乗らねぇだろうに・・・しっかししろよ羽後交通」なんて思いながらバスに乗り込むと7割がた埋まってる(おぉ!)ほぼ全員韓国人観光客。ありがたいことです。

車を拾ってデポしたブツを回収して本日終了。ん~充実。

課題一つクリア、次はどこ行こっかな。

|

« 今週のイッポン Dr.パルナサスの鏡 | トップページ | 今週のイッポン ゴールデンスランバー »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

面白そうなところ行っていますね~
俺的には手前の楽しそうなところに行ってみたいっす。
ストーカーしよう(笑

投稿: kuri | 2010年2月10日 (水) 08時24分

「手前の楽しそうなところ」はスキー場行く途中に見えるところですよ。
そしてよく雪崩てます(笑)
先日はドタキャンですんませんでした。
また誘ってくださいね~。

投稿: 七衛門 | 2010年2月10日 (水) 20時37分

またまたすごいルートを開拓しましたね。見た目では無理そうなんだけど、実はかなり良かったりする場合もありますよね。まずはそこに入って見てなんでしょうけど。地図には載らない小さな沢とか、積雪によって現れる大きな斜面とか、多分まだまだ未開のところがあるんでしょうね。
もしかして、このルートはアルパから八合目~阿弥陀池の小屋~横岳or男岳~大焼砂とつないで降りれるのかな?

投稿: かずっち | 2010年2月11日 (木) 21時42分

八合目~阿弥陀池の小屋~横岳or男岳~大焼砂~とつないで行けますよ。
さらに女岳はほとんど登らずともすべれるし、欲張るなら横長根東面を滑ってトラバース気味に登り返していくことも可かと。
横岳~女岳~だったらそんなに時間もかからないんでその前に男女1本いけるかなと。
いずれにしろ秋田駒縦断ですね。帰りの林道は結構ダルいっす(笑)

投稿: 七衛門 | 2010年2月12日 (金) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のイッポン Dr.パルナサスの鏡 | トップページ | 今週のイッポン ゴールデンスランバー »