« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

男鹿磯マル釣行 09/10/25

悪条件であることはありますが、次いつ行けるかわからない状況ゆえ男鹿へ。

仕事が終わって男鹿入りが13時半過ぎ、南東~南南東風が吹いてますが波は無くサラシというより泡うっすらという状況。

時間もありませんし風表の南オンリーに決定、1か所目は眠くなるほど魚気がなく、移動。

2か所目、回遊待ちをすることに

マズメまでボトムの地形把握を試みるも予想以上の深さと風で全然底が取れず、とにかく深いということは判りました(笑)

うす暗くなり始めたあたりに1回アタリ、お!きたか~などと臨戦態勢に入りましたが

003 アタリの正体はこいつら、ここから小一時間ばかりのサワラッシュ、無限釣れ状態突入。

外道と知りつつも釣れる魚は釣ってしまう釣り人の悲しい性。

 

暗くなってからはサヨリを求めてさまよいましたが見つけられず帰路につきましたとさ。

| | コメント (0)

今週のイッポン 南極料理人

動物どころかウィルスさえ居ない究極の僻地で長期滞在する8人の人間

映画ではほとんど遊んでるような生活なのだが、実際そうでもしてないと神経が持たないのかもしれない

8人それぞれ事情や思いがあり、みんなぎりぎりのところで何とか共同生活を維持しているんだなと

料理映画なのですが、「おいしい」「うまい」といった類の言葉は1度しか出てこず、あ~ここで使うんだ~へぇ~って感じ

きたろう、生瀬勝久、豊原巧補と個性派がそろってますが、特に豊原巧補がいいですね

| | コメント (2)

雄物川シーバス釣行 09/10/19

また増水してきたので川へ。

濁りもいい感じに入り申し分ない雰囲気、チャラ瀬やシャローにナマが何本も差して少し動くたびに逃げまどう状態。

そんなわけでナマはドシャローを静かにやれば苦もなく釣れるのですけれども

本命のアタリと思われるのはドリフト中に時折感じるショートバイトのみ、落ちが少ないからか?

条件的には悪くないと思われたのですが、今年の鮎の量を考えるともう終了なのか、うぅ~む・・・

| | コメント (0)

今週のイッポン ヴィヨンの妻

セリフが小説の言葉使いをそのまま使っているので、最初のうちは違和感を感じるのですが

話が進むにつれ、かえって心地よいというか品を感じるというか

まさに“観る太宰文学”おすすめです。

| | コメント (0)

秋田~男鹿シーバス釣行 09/10/15

この時期恒例のサヨリパターンを楽しむために仕事終わりに北上。

御同行願ったのはNa.craftのyamaさん。

待ち合わせの場所に先着していたyamaさんによるとどうも芳しくない様子、男鹿に向かうことに。

結果から言いますと、サヨリとサヨリストなスズキさんを求めて数か所めぐりましたが御留守のようでした。

 

釣れませんでしたが、yamaさんからこれを頂きまして個人的にはご満悦(笑)

052 053 038 slim160-mv

mv(メタボリック・バージョン)は、今勝手に付けました(笑)写真下手ですんません。

サヨリパターンでの実績が高いNa.craftのMAGALIOとslim160。

slim160のヒット率の高さは昨年実際に目にしてますしね。

「点のMAGALIO」「線のslim160」といった個人的イメージ。

オリジナルサイズより若干太いとはいえ、16cmクラスにしてgene110より細いボディ、

スイムチェックしてみると純ロールでトゥルルルルル~っと・・・・いい!これはいいっす!

細身の固定重心なので飛距離はでないだろうなと思ってましたが、テール部が先細りではなく扁平になっているため前後の重量バランスが良いようで必要十分な飛距離。さらに飛距離が欲しい時はテールフックを#6→#4にサイズアップにすれば良いかなと、純ロールなので動きに影響は少ないだろうし。

動き・レンジ・サイズ・フォルム・対応スピード・・・これは川でも使える、いや、かなりいいはず。

七「いやぁ~slimいいっすわ~、これ川でもいいんじゃないすか?」

yamaさん「いや、もともと川用だし」

七「あっ!そっか(笑)」(Na.craftのHP参照されたし)

 

ハンドメイドルアーは工芸品で、将来ものすごい価値を持つ可能性があり

おまけにオリジナルよりちょっと太かったりしちゃったりして「お好きな方にはたまらない」(笑)かったりするかもしれませんが

今現在も未来永劫もこのルアーの目的はただ一つ「鱸を釣る」ためだけであり、ショウケースの中で小奇麗にディスプレイされるよりも糸の先に括りつけてブン投げて鱸に襲われるのが正しい姿。

よって、ガンガン使わせていただきます。

そして、すでにテトラに一度ぶつけました(笑)

yamaさん、ありがとうございました。週末磯ホントに荒れそうですね。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 09/10/11・13

11日:水位+20程まで下がり濁りも取れました。

本日は、タイプの違う3ポイントを廻る。

ディープポイント→物音ひとつなし。

流芯ポイント→生命感なし。

上流に鮎の産卵場をもつポイント→もう終わってました(笑)

次の雨を待ったほうがよさそう。

 

13日:日中に雨、昼過ぎから水位上昇。

先日のポイントで同じパターンを試すこと4投目、デッドスローでゆらゆらと・・・・ゴッ・グググッと軽く掛ってすぐ外れる。

回収せずそのままデッド継続・・・・・・ズゴン!

018 71cm。

水中で首を振るばかりで全く水面を割らんのでずっとナマだと思ってファイトしてました(笑)

 

反応が無くなったので釣り下り、先日大型の気配があった立ち位置に。

水位が上がって来ており、腹まで漬かってその1投目

オーソドックスにアップクロスからのドリフト、ターンしかかったところでドスン!

019居着き?ランカー84cm。

8時くらいで落ちが止まるのか?気配が無くなったので本日ここまで。

次の増水も期待してます。

| | コメント (2)

雄物川シーバス釣行 09/10/10

10日:増水もいい感じに収まり(+45↓)、落ちアユパターンの諸条件にピタリとはまる状態、おおいなる期待を胸に入水。

瀬に魚の気配があるので1投目、アップクロスから瀬脇のタルミに入ったところでヒット!フッコながら久しぶりにブログに魚の写真がのるなぁ~なんて思ってたらカメラ無いし(笑)雨降ってるんで携帯も危険なので写真無しです。

戻って1投目、全く同じポイントで連続ヒット、同サイズ。

ルアーを変えてもう一本追加。

いろいろやってみるも出るのはそこばかり、サイズも伸びないので釣り下り開始。

行ける所まで下ってしばし粘るとだいぶ下流で大型のボイル音!

キャストでは届かないんでするするとルアーを流していくと先ほどのボイル位置よりだいぶ手前で水柱ドカン!

思いっきり合わせるも空振り、違うのに出たみたい・・・その後反応なく、瀬に戻って1本バラシとナマちゃん1。

やはりこの時期瀬には大型は付かないのか・・・とりあえず今日も行きます。

| | コメント (0)

今週のイッポン 扉をたたく人

俳優生活40年、出演映画50本の名脇役、リチャード・ジェンキンスの初主演作品。

言葉数も少なく、表情の変化も少ない主人公役をものの見事に演じております。

始めて気付いたけどリチャード・ジェンキンスってすごくいい声なんですね。

明日までみたいですけどお時間がある方は、ぜひ。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 09/10/03

仕事が小忙しく、昨今まとまった雨も降らなかったんで久々のオモノ釣行です。

20cm程水位が上がりました、まとめてアユが落ちる・下るにはイマイチインパクトが足りないでしょうが、ぽろぽろと下ってる事と思われます。

中秋の名月の月明かりの中、静かに釣り下ってみましたがナマが2本掛っただけでした。

こんな明るい夜はこのポイントじゃないんじゃ?と気がついたのはタイムアップ間際、良くやる失敗です(笑)

 

夜はだいぶ冷え込んできましたが、とうとうウェーダー(ネオプレーン)を新調したんで、あぁ快適。

この間まで履いてた透湿性ウェーダーは酷使してましたのでアクアシールの水玉模様状態(笑)

それでもピンホールならまだ直して使うところですが、部分的に生地自体が限界を迎えじんわりと水漏れが起こり、さらにラミレートが剥離し始め生地と生地の間に水が溜まり、こぶし大の水泡が脛周りに出来る事態に至り、現役引退と相成りました。

これからは水仕事用として余生を送っていただく方針です。

そんで買ったのがこれ↓

ネクサス・スリムウェーダー(中丸)アユ・渓流用のスリムウェーダー。

以前から一般的なチェストハイウェーダーより明らかにこっちの方が機能的であるなと。

川だろうと海だろうとウェーダーはスリムな方がいいわけで、唯一普通のウェーダーのメリットを挙げるとすれば「履いてるズボンの上からそのまま履ける」みたいなことですけど自分の釣行スタイル的にはこのメリットは特にないので。

おまけに安いし、小用するのも楽(笑)

 

推測ですが

落ちアユってそれなりの量流れるはずですが流れ着きそうな場所を探してみても見当たらず「ホントに流れてんの?」と疑問に感じる事がありましたが、多分サギやトンビに食べられちゃってるんですよね。

サギにとっても来る冬に向けての貴重なタンパク源、朝夕サギがズラッと並ぶ光景を秋は時折目にしますし。

サギが並ぶ場所は覚えておいて損はないかと。

| | コメント (7)

今週のイッポン ウルヴァリン:X-MAN ZERO

なんだかんだでX-MENシリーズ全部観てしまってます。

テンポが良く、判り易く、楽しく、疲れない。

娯楽作品としてレベル高いっすね。

それにしても毎回思うのは、目からビーム出る彼は生活大変だろうなぁ~と(笑)

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »