« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

男鹿磯シーバス釣行 09/08/30

花火も終わって川にもちょこちょこと足を運んでいるもののバラシ1本のみと書くことありません。

やはり長雨で流れちゃったんでしょうか?

大増水時にぽこぽこ釣りましたが、これはちょっと特殊なんで(もちろん雄物本流です)あまり参考にはならず。

アユも不漁のようですし、落ちアユがらみの釣りができるのか心配です。

 

30日:秋の磯マルシーズン開始です。

019 020 波少々、サラシそこそこ(写真ではすくないですけど)、潮は効いてないけどぱっと見良さ気。ちょっと沖目に定置網、一発荒れれば魚も寄りそうです。

とりあえず、北周りで西から入ってみるもののフグが追いかけてくるのみ。

南下してシャローもチェックみるもやはりノーコンタクト。

8月最後の日曜とあって浅場にはスモグラー多数。南磯は魚より人の方が多そうな塩梅にてスルー(笑)

釣り具屋にて情報収集してみましたが漁港やボートからの釣果がほとんどで磯の話は出てくることなし。

まだ早いんですかね?居ない事はないだろうけど、自分にも釣れちゃうくらい濃くはないって状態かなと。

027 037 039 スンゴイ色の夕焼け。

結局、一番良さ気なエリアを打ちまわってから夕マヅメの回遊待ち、

見える範囲で潮目2~3本入り、左右から流れが交差してサラシ具合も悪くない・・・・が、何事もなく終了。

メバルぐらいはあたるかと思いましたが甘かったっす。

いやぁ~しばらく魚釣ってないな、腐らずがんばらねば。

| | コメント (7)

今週のイッポン ディア・ドクター

「ゆれる」の西川美和監督作品。

西川監督は人間の内に秘めた感情が一瞬だけ姿を覗かせる瞬間を描くのがとても上手な監督だと思います。

「ゆれる」もすごいよい出来ですので機会があればぜひ。

そんで、「ディア・ドクター」。

キますね。観終わった後、延々考えてしまいました。

原案は西川監督になってますが、ブラック・ジャックに似た話があったような気が・・・結末は全然違うからいいのか(笑)

 

| | コメント (0)

今週のイッポン 「アマルフィ」 「サマーウォーズ」

まぁ、可もなく不可もなく・・・かな。

シリーズ化する気満々ですね。

公式サイト

これはいいです、おすすめ。

ここ最近では一番かも。

| | コメント (2)

こちらは霧雨

こちらは霧雨
まもなくフェリーで本州戻ります。そちらは天気良いようで一安心。

| | コメント (0)

地図も見ずに

地図も見ずに
石狩の日本海添いの路をのんびり走行中。宿でだらたらしようかと思ってたら駐車代がかかると知り、半ば強制ツーリング(笑)
山に行くか?海に行くか?と走りながら考え、なんとなく海へ。車が多いなぁと思ったら今日日曜でしたね、ははは。

| | コメント (0)

青空。風心地よし。

青空。風心地よし。
ねっころがってSAKEROCK聞いてます。

| | コメント (0)

もうすぐ

もうすぐ
真心ブラザーズ待ち中。
遠くで吉川晃司がうなってます。

| | コメント (0)

とりあえず

とりあえず
酒を買おう。
誰聞きにいこかな。
ハナレグミ以外は何も決めてないから聞き歩こう。

| | コメント (0)

フェリーで北に

フェリーで北に
バイクで行くとフェリーの乗船が最初になったり。
んで今回も最初、二等のナイスポジション獲得。
夕方には北の大地。

| | コメント (2)

天気は前倒しの様子

天気は前倒しの様子
雨の中走る岩手路は寒い・・・さすが、やませの国。といわけではなく単純に濡れてしまったから。ホームセンターによって安いビニール合羽上下買ってVBLにしたら調子よく、盛岡で雨やり過ごさず北上、一戸からは路面も乾燥、濡れ衣もバンバン乾いて助かります。
そんでもって只今三戸。
三戸っ青森だったんだ、無学。

| | コメント (0)

やまないなー

やまないなー
こんな雨降りになにしてるかって?
ツーリングです(笑)
予報ではこの時間帯それほど降らないはず@WEATHERnews。間隙をついて距離を稼ぐつもりが角館で早速捕まりました。
とりあえず仙岩越えたんでひと休み。

| | コメント (2)

雄物川シーバス釣行 09/08/09

釣りは夏休みします。

と宣言したものの、釣りに行くことが日常となってしまってるこの体、もてあますばかり。

ちょっと休むと、あそこはどうだろう?あの攻め方はどうだろう?と試したいことがあれやこれや・・・

気が付いたら川へ車を走らす自分・・・病気でしょうか(笑)

というわけで、夏休み終了です。

 

夕マズメ入水、トップで2発でるものの乗らずかといってフォローも効かず、そのあと沈黙。よくありがちな展開・・・

トップに反応するのは一瞬だけなので忘れることとし、雨が降る中、レンジをどんどん下げて探ってゆくとサンドバーらしきもの発見。

大増水前にはなかったはず、周辺を通してどのぐらの範囲にあるかおおよそ掴むとトップで反応した地点とかぶるので納得。

サンドバーの上をかすめてみたり、叩いてみたり、突っ込ませてシェイクしながらはずしてみたりしたとことでスコッ!とヒット。

007 55cm。フッコでもうれしい今日この頃です。

| | コメント (2)

今週のイッポン 守護天使

キサラギの監督作品でありますが、キサラギは傑作すぎたのでのでそれに比べるのは少し酷かと。

でもまぁいやがうえでも期待してしまうわけで・・・次回作に期待(笑)

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 09/08/03~05

3日:増水、ゆえにおなじみの増水ポイントへ。

ベイト寄ってる事は寄ってるけど少なめです。2バイト1バラシ魚種不明。反応があるだけましなのか?

4日:50Cmほどの水位。最初のポイントでナマを一本、あまりにも釣れないんでナマでも少しうれしい、重症です(笑)

yamaさんと合流してしばし釣り下るもお触りも無し。うぅ~ん8月ってこんなだったけ?

5日:夕マズメとあるポイントに入るも静寂。最近釣りをしてると左の背中に痛みがあり、釣れてればこの程度は無視ですが、昨今の状況ですと・・・早上がりしました。

完全に煮詰まったんで「雄物川シーバス釣行」は、夏休みに入ろうかと思います。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 09/08/01・02

1日:ようやく動きやすい水位になり、水温も上昇。よって期待値も上昇、仕事中も頭は釣りのことばかり(笑)

仕事が片付いたらそのまま川へ。最初のポイントは入水してみるとかなり地形が変わっててびっくり。一通り探るも反応なく移動。

9時頃、上流に遡上されてきたna.craftのyamaさんと合流し2か所目。

水位が高い状態が続いたためしばらく誰も入っていないはず。

入ったとしてもほぼ釣りにならないので、自分的にはここが本命ポイント。

しかし、静かすぎる。ベイトも寄ってない。理由は分からないがとにかく居ないものは釣りようがないんで移動。

3か所目は、ベイトは接岸してるがそれを喰いに来るべき輩があまりに居ない。捕食音もたまぁ~に聞こえる程度、釣れません。

2日:夕マヅメからスタート昨日より生命感あり。トップに一発出て「お!今日はいけるか?」などと期待するも日が沈むと静寂に包まれる。シンペンでボトムをデッドで引いて一本バラシがあったがそれのみ。

おかしい。

なんか変、今の雄物川。

ベイトはそれなりに接岸しているもそれをほとんど喰いに来ていない、ナマズもニゴイも。

鱸居ないのか、居るのに喰わないのか正直よくわかりません。

空中防除は関係あるのでしょうか?

| | コメント (2)

今週のイッポン エヴァンゲリヲン新劇場版:破

よい。

すごくよいできですね。選曲はちょっと狙いすぎの感もありましたが。

基本的にリメイクなので大筋は崩さず、しかし新たな展開をいい具合に肉着け。テンポ・バランス良いですね。

綾波結構喋ります。早く次が観たい。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 09/07/28~31

28日:新しいポイントを探ってみるも反応なし。また水位が下がったら来てみよう。

29日:だいぶ水位が下がり期待して入水するも手前まで引いてきたルアーから目を離して「あそこ気になるなぁ~」と回収始めた瞬間水面炸裂。やらかしました・・・とぼとぼ歩いて下流に行ってみるとベイトが寄ってる場所発見。あれこれやって2発すっぽ抜け、なぜ?でもヒットパターンが明確になってきました。

30日:夜中の土砂降りで一気に水位上昇。となればあそこに魚寄る可能性大。

映画の帰りに立ち寄り釣行。岸際に近寄って耳をそばだてると魚の気配ありあり。

岸際がにぎやかだがナマだろうとほっといてブレイクを探る、が反応がない。そのうち接岸してるやつがどうやらナマではなさそう喰い方が違うような気がしてきたので狙ってみる。

先日のヒットパターンが頭にあるのでとりあえずそれから試してみるといきなりヒット!んが、豪快なエラ洗いでルアーを弾き飛ばされる。少し間を空けてルアーを変えて1投目、同パターンでゴガッとヒット!最初の一暴れで「65くらいかな」と感じるもスタミナ満点で衰え知らず「70超えたかもなぁ」なんて期待してランディング。

001 やっぱり65cm(笑)(zonk77)

もっとやりたかったが12時過ぎちゃってたんでここで納竿。

31日:水位下がり、ベイト探しと新規開拓。こないだまで居たのに今日は空っぽなんてのは毎度のことながら、寄る場所には多かれ少なかれ寄ってる。後は量とタイミングなのかな?まだ気温が低いので例年この時期の「むさくるしいほど生命感ムンムン」の川ではありませんが、そろそろ来そうですね。

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »