« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

今週のイッポン ターミネーター4

公式サイト

ターミネーターという素材でも監督が変わればこれほど違うのかと。

新シリーズですが、もう違う映画ですね完全に。いい意味で。

脚本が『007/慰めの報酬』のポール・ハギスと『ダークナイト』のジョナサン・ノーラン

どちらも前シリーズから素晴らしい転換を果たした作品に携わってる二人、納得です。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/23

  ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、ココログは半端でなく使い勝手が悪いので

記事はWindows Live Writerで書いております。

がしかし、先ほど下書きに保存ボタンをクリックしたら記事消滅・・・・

おのれmicrosoft。小癪なまねを。

 

 

水位上昇、ベストな時間に入るべくフル回転で仕事

冴えわたる頭、動き続ける手足

「よし、間に合う」と思った17時頃、仕事の波がもう一波どぉ~ん!!ひぃぃ・・・

003004

へろへろで20時出発。ポイントに向かう途中でカゲロウのハッチに遭遇。で、上の写真がそれなんですが

コンデジじゃなにがなんだか、もやもやっとしたのがそうです(笑)

この状況ならやはりおっきいの狙いで実績ポイントに入りました。

がしかし、開始20分で「なんか違う・・・これじゃない気がする・・・」と思い始めるもこのパターンに固辞。

ハマった時の魅力に惑わされ、なかなか振り切れず結局15投くらい無駄にした計算。反省。

頭を切り替えて「こんな感じ?」と投じたTKLMにサクッとヒット。

これはバレてしまいましたので、ちょっと離れたところでお食事中のナマズ君にちょっかいを出したりしてこの場所は少し休ませてから再度キャスト開始。

005 008

連続ヒット、どちらも頭からすっぽり68cmと71cm(TKLM9)

この後、瀬に移動して1バイト1バラシ・・・

少し間が空いてピースリーにゴぉぼバ~ン!今シーズン最大です、音は(笑)ミスバイト。

この辺で無念のタイムアップ。まだやりたいこといっぱいあるのに・・・

帰って反省会します。

 

 

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/21

本日も短時間勝負。

夕マズメ、ポイントに向かうと休日ってこともありますが釣り人らしき車や人影。

いやぁ~ “シーズン”ですな~

いまいち景気の良い話が聞こえてこない下流域から釣り人も遡上してるんでしょうか?

 

とりあえず一か所目、TKLMにあっさりヒット。手前まで寄せたところでバレ、フッコ。

ルアーを変えて1投目、誘いをかけると乗ってきました。同じ魚?

003

きれいな方で撮影しようとした瞬間反転。両面味噌漬け61cm(R40+FG)

まだ居そう。

keep125を遠投して広く流して~漂わせて~・・・フッと動きを入れると待ってましたと水面炸裂、ゴバァ~ン!

しかしミスバイト、ありゃりゃ・・・反応が無くなったので移動。

2か所目、ベイト居るなぁ~よしよし。

15分程で食ってきましたが、口からスポッと抜けて終了。原因は私の怠慢です(笑)

雨が来そうですね。今夜は無理かな。

| | コメント (5)

今週のイッポン スター・トレック

 

公式サイト

おもしろい。

もともとSFそんなに好きじゃなく、スターウォーズは途中で寝てしまう人間ですが

この作品は、脚本・演出・演技・映像どれもレベル高く、楽しめました。

キャスティングも良いですなぁ~ホット・ファズのサイモン・ペッグをさりげなく使ってたり。

続編期待。

スタートレック知ってても知らなくても大丈夫だと思います。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/15・16・17

仕事が忙しくなってきまして、夕マズメの短時間釣行です。

 

15日:最初のポイントに向かうと駐車ポイントで作業中、そのまま次のポイントへ。

しかしそのポイントの駐車スペースに先行者。自分のやりたいポイントに入ったかは不明ですがなんとなくスル~(笑)

3か所目、今期初の場所ですが、まったくもって魚っけなくすぐに撤退。

そろそろ、仕事も終わったろうと最初のポイントに戻り、入水。

立ち位置に向かうまで歩いてると驚いて逃げるベイトが増えてる?増水で上がってきたのかな?

1時間あれやこれや試してドリフトでようやくヒットさせた魚を痛恨のバラシ(ファイト時間5秒)くぅ~

帰り際、どれくらいベイトおるのかとライトを当ててみると、一面壮絶沸き立ち!稚鮎(?)絨毯。おぉすげ~。

 

16日:昨夜のベイト量が夕マズメ動くならシーバスもまとまった量で入るんじゃ・・・と希望的観測というか願望で入水。

しかぁ~し、まったくもって反応なし。岸際捕食音も聞こえてこない。

ベイトすっかり居なくなってました。

 

17日:やんわりと増水。ポイントをガラッと変えてみました。

今日もだめかなと弱気になる中、ダウンに入ったところでツツっと首を振らせて(イメージ)す~とただ巻きをしたところでゴクッっとヒット!なかなかの重量感、80いったか?

  003 残念2センチ届かず、78cm。

この後、時合いが来たのかドリフトにバイトが数回出ますがのせられず。

はまってしまって大幅にタイムオーバーしてしまいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/12・13

004

まとまった雨が降りました。

続きを読む "雄物川シーバス釣行 09/06/12・13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のイッポン ハゲタカ

公式サイト

多分、真面目に最後までみた初めてのNHK土曜ドラマの映画化。

放映したタイミングも良かった事もあってすごく面白かった作品でした。

ドラマはNHKらしく贅沢な尺の使い方でしたが

映画版ではさらにワンカットの尺が長く感じ、ちょっとリズムを感じられないかなと

ワンカットの尺を短くしてもそれぞれの背景やサイドストーリーを掘り下げても

映画に立体感が出たのでは思うのは素人考えなのかな?

大森南朋の当り役だけにもう少し泥臭く人間臭くやってほしかったと思います。

でも次回作があったら必ず観るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/08・10

8日:水位+50cm程。

神宮寺~下流を何箇所か打ちまわるも流下残渣まみれで釣りにならずとっとと撤収。

10日:水位一気に下がって+15cm。

この日はいつもと作戦を変えて先日91を釣ったポイントで粘ってみることがテーマ。理由は特になし、思いつき。

夕マズメからポイントに入り淡々とキャスト。

1時間

2時間

3時間

9時前TKLMに魚信。

よしょぉぉっぉしゃ~と珍しく気合いを入れてフッキングをかますと魚が水面飛び石タンタンタン・・・セイゴ君。あぁ

普段なら即移動なとこだが本日のテーマがテーマ、動かざること杭のごとし。

そのあと反応なし。

なんとなく前々から感じてた事があって大分確信に近づいた気がしてるんですが

まぁ、何度も知った気になって何も判ってなかったと思い知らされる事の繰り返しなんで、これもその一つかな(笑)

 

まとまった雨が降りました。魚はどう動くかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/07

001

久々に明るい時間の釣り。

といっても前日飲んだくれてたのでたっぷり昼寝して家を出たのは4時過ぎ。

水位+40cm、思った以上に濁りあり、流下残渣は我慢できるレベル。

続きを読む "雄物川シーバス釣行 09/06/07"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/05

川に向かいつつ「さて、どこ入ろうか?」と思案。

去年は1回しか入らなかったポイントであるが、例年比較的早い時期から釣れた記憶があったのでそこへ。

夕マズメは川筋に流れる風に乗って顔に虫がばしばし当たって閉口したが風が収まると月も雲に隠れ悪くない感じ。

水位は+25cmほど透明度は高い。

上流から点々と釣り下るもワンバイトのみ。

終了間際、ようやくヒット。

001

58cm(タイドミノー75CD)

週末は雨みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/03

1日釣り休んだので気力充実。今日は寝ません(笑)

1か所目、曇り空時折ぱらつく雨水面でもじる大小の魚、いけそうです。

しかし、いつものヒットゾーンを手を替え品を代え通すも反応なし、

捜索範囲を広げるべくラインを出してみた1投目ターンしかかったあたりで「コクッ」

セイゴ一本捕獲。

セイゴがかかるポイントは魚が入れ替わるまで待った方がいいと根拠なく思ってるんで、しばしここには来ないこととす。移動。

2か所目、起伏のある地形、水位が下がって少しでも潜るルアーは通す場所によってあっとゆう間に藻の餌食。

時間も10時を過ぎてそろそろ帰宅時間。

そんな折、潜らぬよう泳がぬようにただよわせ気味に使っていたシャローダンサーに吸い込まれるようなアタリ!

ロッドを絞り込まれゴボァゴボァとエラ洗いを繰り返す鱸を寄せにかかったあたりでポロっとフックオフ・・・・ぬぁぁぁぁ・・・

肩を落として帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のイッポン 天使と悪魔

公式サイト

前作『ダヴィンチ・コード』は、かなりしょっぱい出来でしたので「だいじょぶかぁ?」と鑑賞。

心配は杞憂。なかなかスピード感ありおもしろかったです。

原作読んでないのですが、読んだ人によると映画ではかなり端折って展開も変えてあると

これは映画化する上では正しいでしょうというかそうならざるを得ないですよね。

正直に作ったらワンクール必要になりますから、海外ドラマの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/02

晩飯後、そそくさと出発。

001 瀬周りでセイゴ1本。

その後、たらたらと釣り下るも集中力続かず。

デッドスロ~・・・・・・・・・・・ガチャ

うわ・・・トップガイドにルアーがぶつかるまで意識とんでた。

ヤバイヤバイ死ぬ死ぬ(笑)

今日は早めに切り上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 09/06/01

長いようで短い川鱸シーズン。今年も行けるだけ行きます。

基本的に当ブログでの“雄物川シーバス釣行”は、大仙市圏内での釣行ですんであしからず。

 

例年通り1日は夜からの釣行、サクラの人たちが入らないであろうポイントへ。

1か所目、ハイシーズンになるとベイトがワンサカ寄る場所であるがまだこの時期は静かな感じ。沈んでる?まぁ少しやってみよう・・・

んが?根がかった・・・回収不能。

ライン組みなおして1投目・・・根がかり

このままじゃこのポイント嫌いになってしまいそうなので気合いで回収(笑)

荒らしてしまったので移動。

2か所目、去年は諸事情であまり来れなかったポイント。

速いというより太い且つ複雑怪奇な流れ、地形も複雑・・・なのかな?確かめてないんでよくわかりません。

ルアーをテリフにして3投目、ダウンクロスに投げてミディアムリトリーブでグリグリと巻いてスッと間を入れるとワンテンポ遅れてガガガン!ん~たまらん!

最初の下流への突っ込みを抑え込めば頭をこちらに向けるのでそこで一気に間合いを詰めて後はじっくりランディング。

001 傷一つないピカピカ73cm。

ウェーディングしてる6~7m前のヨレでライズしたりジャンプしたりと騒がしい輩が。多分サクラ。

「静かにせい!どーせ食わないんだからどっかいけ!」とバチあたりな事を考えつつ(笑)キャストを繰り返してると

スウィングさせてたkeepにナマズヒット。あの流れの中で来るのね、ナマズもなかなかポテンシャル高し。

本日はこの辺で納竿。良いスタートになりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »