« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

今週のイッポン  スラムドッグ$ミリオネア  レッドクリフPart2

スラムドッグ$ミリオネア

アカデミー賞8部門かっさらっていった作品。

監督は、ダニーボイル。

たいていの人が

「ダニーボイル?誰?」

トレインスポッティングの監督」

「あぁ~はいはい」という反応(笑)

いやぁ~全くもって傑作です。やはりダニーボイル、音楽の使い方がすばらしい。脱帽。

アカデミー作品賞取ったって聞くと鑑賞時どうしても構えて観ちゃうし、評価もきつくなりがち。でもこれは文句無し。

オススメ。

 

img1_1239099509レッドクリフPart2

スラムドッグ観た後とはいえちょっと落差感じますな。

なんかひたすら山盛りの御馳走を次から次へと出され続ける感じ。

もう途中から食傷気味、スラムドッグの何倍もの製作費使ってこれじゃぁねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーバス釣行 09/04/25

午後から時間ができたので、海に急行。

雨、強い東風・・・この時期、次行けるのがいつになるかわからんので贅沢言ってられません。

そして、案の定釣れませぇ~ん。ははは。

004

本日の収穫

スナップを買いに寄った釣具屋でワゴンセールを掘り掘り。

Rapala LCM10が¥630、よっしゃ~即買いっす。

人気ないのかな?釣れるのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のイッポン ザ・バンク

img1_1237968877ザ・バンク 堕ちた巨像

 

パフューム ある人殺しの物語』の監督:トム・ティクヴァ

トゥモロー・ワールド』(ワンカメラ廻しっ放しの銃撃戦シーンがすばらししぎる)のクライヴ・オーウェン

『21グラム』(人間が死んだ瞬間21グラム軽くなるという説が題名の由来)のナオミ・ワッツ

なかなかの組み合わせ。

BCCI事件が元ネタの今作品、映画の銀行がIBCCなのにはクスリとさせられますが全般で緊張感漲りな感じ、あぁ~ドキドキした。

映像的にもトム・ティクヴァ臭全開

においますにおいます。かなり好み。

ひたすら量と人で押してくる満漢全席大陸大河映画もまぁ悪いとは言わないけどセンスを感じるのはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーバス釣行 県南サーフ 09/04/16・19

16日:とりあえず一回行っとくかと晩飯食ってから某サーフへ。

秋に来た時と地形が変わってるなぁ・・・

ポイントがどうのとかベイトがどうのとかいう以前に

全くわからん(笑)感覚戻らんね~

か~えろ

19日:最近忙しく出歩けない状況でしたが、無理やり夕マズメ狙いでサーフへ。

岩場が点在するサーフ(これでどこ行ったかわかりますな)

どちらかといえば、砂より岩に付く性質。魚じゃなく自分が(笑)

そんなわけで岩場を渡り歩いてると、ウェーデイングシューズがおかしい・・・ありゃ~崩壊寸前。まぁいいだけ使い込んだし、引退かな。

おまけにただのフェルトのままだし・・・

よっておとなしめに行動。

前回よりはだいぶ釣りしてる感があり楽しくなってきました。

釣果はというと

ふぐのアタリを的確にフックアップし次々と水揚げ。

フグ刺し職人と呼ばれる日も近し。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

午前は心マ、午後プカリ

007

午前中は、普通救命講習。

昼から田沢湖で、ぷかぁ~~たぁのしぃ~

005 水中撮影。おぉ!サメっぽい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のイッポン ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

1006801_01ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

もうね、最高。

すんばらしいドキュメンタリー。

なぜこんなに良い作品が小劇場でコミっと上映されてるのか疑問に感じるほどの傑作。

すでにDVD発売されてるようです。買おかな、マジで。

16年ぶりに再演されるブロードウェイミュージカルの最高峰「コーラス・ライン」

3000人の応募者から選ばれるのは19人

8か月に及ぶ世界で初めて公開されたブロードウェイのオーディションはもう、ものすごいエネルギーのぶつかり合いなわけです。

恥ずかしながら「コーラス・ライン」の名は知れど、内容は全くもって知らなかったんで勉強。

コーラスラインA Chorus Line)とは、

  • 稽古で舞台上に引かれるラインのこと。コーラスつまり役名のないキャスト達が、ダンス等でこれより前に出ないようにと引かれる。メインキャストとコーラスを隔てる象徴ともなっている。

ストーリー:N.Y.ブロードウェイ。幕が上がると、新作のためのオーディションの真っ最中。新進演出家ザックの元に集まった大勢のダンサーの中には、ザックの元恋人・キャシーの姿もあった。彼女はかつてスポットライトを浴びたこともあるもののハリウッドに進出して挫折、一からやり直すつもりで再びブロードウェイに戻ったのだった。
厳しいオーディションに合格したとしても手に入るのは「コーラス」、つまり無名の脇役。「君たちはスターを彩る額縁、誰も僕の目を惹いてはいけない」とザックに宣告され、それでもダンサーたちはたった10人の採用枠に残るために自分のすべてを賭ける。「君たち自身を知りたい」というザックの問いかけに、躊躇しながらも赤裸々に自分の人生について語り始める・・・@ウィキ

「コーラスライン」自体が葛藤の中で夢に必死に向き合う人々の物語であり、原案・振付・演出のマイケル・ベネットが22人のダンサーと車座になって会話したテープから生まれたミュージカルですから 今回のオーディションに賭ける人々の姿そのものなんですよね。

あ~もう、語りつくせない・・・もっかい観たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CT40総括

数少ないCT40ユーザーとして、1シーズンですがCT40の感想などを。

続きを読む "CT40総括"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週のイッポン イエスマン

800x600_0000_bungieイエスマン

いやぁ~いい作品でした。

ジム・キャリーなくしては成立しない映画って感じ。

最近ちょっと…って方、ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のイッポン ウォッチメン

wp_1024_768ウォッチメン

UPするの忘れてました(笑)

後で知りましたが原作は有名なのですね。

よって、予備知識なしだと話について行くまでしばらくポカァ~ンと観ざるをえない感じ。

基本的にはアメコミ物なんですが、かなりシニカル。

評価も割れてるようですが、これはこれで良いんでないかと。ダメな人は相当だめでしょうなぁ~

R-15指定です。R-15な感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋田駒BC 09/04/04

003

今日は今日とて秋田駒。11時頃はやはり上が気になる(笑)

続きを読む "秋田駒BC 09/04/04"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

もうチョイ・・・

fc_tohoku_d

もうチョイ北上してくんね~かなぁ~ダルマ君。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »