« レイクルーイースちょいとBC | トップページ | レベルストークスキートリップvol2 バーガー編 »

レベルストーク・スキートリップ vol1

033当初、二泊三日で一日移動日にしてゆったり行くつもりでしたが、諸事情により一泊二日の弾丸トリップになりました。
一日空いてしまったので街を散策。
バンフは街が国立公園内にあるため家の周りに鹿やらエルクやら普通におります。肉食系(クーガー等)もいますので家の外で犬は飼ってないようです(食べられちゃう)。
10年位前街外れのスキーチューン屋に板の修理を頼みに板一本だけもってとぼとぼ歩いてたらエルク(トナカイ?)の群れに取り囲まれ15分程身動き取れなかった経験あり(笑)牛ぐらいの大きさがあるんでけっこう怖かったっす。
034
さて、早起きして、しゅっぱーつ。

040










ハイウェイ3時間半で着きました。
ここはお隣の州ブリティッシュコロンビア州(以下BC)ロジャースパス。レベルストークに向かう途中にあり。
ロジャースパスは、簡単に言ってしまうとロジャースって人がここに大陸横断の鉄道を敷いたってことで名づけられたとのこと。その功績はカナダでは高く評価されここに鉄道を通してなければBCはアメリカになっていたと言われてるそう。
なんて言う歴史よりバックカントリーのメッカとしてのほうが有名かも(笑)ここは、カナダ有数の豪雪地帯。
036 まずは、ロジャースパスセンターでスノーレポートをチェック。
山深い山間部の谷あいを走る線路のすぐ上には何本もアバランチシュートがあり、雪崩から鉄道運行を守るためこの地で雪崩の研究が盛んに行われたという歴史があるそう。カナダの雪崩研究はこのような経緯があって進化したわけですな。
098

ロージャースパス周辺には無数のコースがありどれに行くかいつも迷っちゃうんですが、今回は、バルーパスってエリアに。
2時間ハイクするとこんな楽しそうなパウダースロープが・・・・ふふふ。
128



スロープの上に上がる
とこれまた絶景。 194
















豪雪地帯ゆえ、こんなに視界があるのもなかなかない。
さぁ~て滑りますか。133








146 212
























ヘッドオーバー当たり前のロジャースパスとしては薄い積雪でしたが十二分に楽しかったなぁ~。
滑りおわったら、レベルストークに移動してモーテル入ってジャグジー入りながらビール飲んで「ベグビーバーガー」食うんです。うひょひょ。

|

« レイクルーイースちょいとBC | トップページ | レベルストークスキートリップvol2 バーガー編 »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

鹿が、街中に・・・・?囲まれる・・・・??
飼い犬が、食べられちゃう・・・・???

さすがカナダというか・・・自然豊かなんですね~

スキーのほうも?テンション高そうですね~^^

関東は明日20℃だそうです(泣

投稿: taku-zoo | 2009年2月13日 (金) 17時00分

海外に行ってるんですね。クライミング講習会で会った高校同期のTです。・∀・)ノ゛
海外行くという情報はうちの母親から聞いてました(笑)

先日、「ICIのS君から一緒に茶臼に行きましたよ」、と聞きました。日本に帰ってきたら一緒にバックカントリーに行きましょう。
ブログチェックして日本に帰ってきたの確認してから電話いれます。(^-^)/

このブログ、BC大好きな会社の先輩から、F谷君じゃないのって教えてもらいました。

投稿: T | 2009年2月14日 (土) 19時50分

>taku-zooさん
関東20℃ですか!?こちらは今日-20℃・・・寒っ。
いまさらながらスキーって楽しいって感じる毎日っす。こっちの人ってどんなにコンディションが悪くても楽しむ事を忘れないんでついついこちらも楽しくなって一日終わるとニコニコです。
「雪があるだけで楽しい」70近い超元気なテレマークじいちゃんが口癖のように言ってました。沁みますね~。
>Tさん
どもどもごぶさったっす。
S君「店長に騙された」って言ってませんでした(笑)
バックカントリー行きましょう行きましょう。とりあえず秋田駒辺り?ですかね。
楽しみ~♪

投稿: 七衛門 | 2009年2月15日 (日) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511458/44044475

この記事へのトラックバック一覧です: レベルストーク・スキートリップ vol1:

« レイクルーイースちょいとBC | トップページ | レベルストークスキートリップvol2 バーガー編 »