« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ようやく取りに行きました。

011

カスタムフェアーで注文した板をようやく取りに行きました。

今年からの相棒はアトミック・シュガーダディー183(センター99)。

センター100前後クラスで最軽?1740g(片方)。このクラスはたいてい2kg前後ですから。

現在、プレチューン中です。

006 ビンは敢えて黒ディアミールSサイズ990g(片方)

足元の重量はバックパックの重量以上に体への影響が大きいんじゃないかと、20kg背負って歩けるけど片足に10kgづつ着けたらまともに動けませんし。

「だったらTLTだろ」って話になりますが、人それぞれ“嗜好”がありますから、あと予算も(笑)

002

シールはCT40

人柱になる所存です。

このほかにも“アンティークショップに入ったマイケル”ばりにあれもこれもとお買い物。

支払額は・・・内臓にグッときました(笑)

正直、モチベーションは6:4でまだ“釣りモード”な自分。もうすこしで完全モード移行です。

このあいだ、田沢湖スキー場HP見てみると「あっ、俺だ」・・・一緒に写ってる方々は、OさんSさんです。

| | コメント (2)

今週のイッポン レッドクリフPart1

img1_1220949942レッドクリフPart1

えぇ~と・・・とりあえず長いですこの映画。本編の前に三国志を知らない人用の説明があるんで、いきなり観に行っても大丈夫です。知ってる人もエピソードたくさん織り込まれてるんで 楽しめるかと。

三国志ってファン層が厚くて、それぞれのキャラに強い思い入れを持つ人が多いから映画にするの大変でしょうね。全編(全2作)観ない事にはなんとも評価できません。

| | コメント (0)

男鹿シーバス釣行 08/11/23

007西磯着9時、波2~3m、西~北西風5~10m。ぱっと見いい感じ、純白サラシいたるところに。

基本通り、潮通しが良くシーバスが射程距離内に居ると思われるポイントを廻る。010

  一箇所目、サラシの中にサヨリ発見、しばらく粘るも反応無し。

二箇所目、崖を降りると波表のサラシモリモリの所に磯釣りマンが(驚)モチベーション高い過ぎっすよ~と、ちょっと離れたサラシを撃って戻ってきたら磯釣りの方はポイント移動されてたんでそのポイントへ、先週も来たけどあまりにも“教科書通り”なポイントのためついつい時間を使ってしまう、不発。

ちょっと寄り道したりしつつ三箇所目、西磯では比較的メジャーな場所ゆえ磯釣りマン多数。波風強くなってきてるなぁ~とポイントに向かう途中「あそこいいんじゃね?」と気になる場所が、大岩をへづり降りてみると正面から来る波がブレイクしてスリットを川のように流れてる、流れの速さは雄物川上中流の平水時のトロ場くらい普通にドリフトやダウンクロスの釣りが出来ます。対岸の沖根際をドリフトで流してみたり、流れの釣りは楽しいなぁ~釣れてくれたらもっと楽しいのに(苦笑)

012

気がつくと、昼飯も食わず既に2時過ぎしばし休憩し南へ。

南をチョコチョコと見て廻ってから夕マズメ北へ。

北のポイント周辺に鳥わんさか、しかしダイブまでには至らない、鳥はかなり岸沿いを頻繁に低空飛行で偵察してる様子からベイトの回遊を期待してもくもくとキャストを繰り返しますがさっぱり・・・とっぷりと暗くなると寒いんで風の弱い南へ。

あまりにも釣れないんで、気晴らしにメバルタックル出して南の某漁港の防波堤でチョコチョコやってる時、何の気なしに外洋側に投げると水面をピチピチ逃げる群れ有り。速攻で車に戻りシーバスタックルに持ち替えてキャストしてると、漁港内でヒット!遠くの人が(涙)その後静かに・・・移動。

寒さに震えながら10時前までがんばりましたが本日も完全不発で納竿。最近サーフのほうが好調なのは知ってましたが・・・うぅ~む。

追伸:本日24日サーフ、磯で大型捕獲の報せが。釣りってそおゆうもんすよね。

| | コメント (0)

今週のイッポン 闇の子供たち

yami1024闇の子供たち

タイにおける幼児人身・臓器売買を取り上げた作品。タイ本国で放映禁止騒ぎがニュースになったので知ってる人も多いかと。

見ていてしんどいです。特に子供が居られる方はなおのことでしょう。家畜以下に使い捨てられる子供たち、日本人は良い“お客様”なのです。人事ではありません。

映画の帰りがけ、同じ回で鑑賞されてたご夫婦がパンフレットを買い求め、スタッフにこの映画を絶賛して帰られました。 その気持ちよくわかります。

| | コメント (0)

男鹿シーバス釣行 08/11/16

5時起きで仕事をやっつけ、11時男鹿着。

波風ないのは、判ってるのですがとりあえず南から見て行きます。案の定、人だらけ・・・まぁ最初から行く気はないんで北上。

今日も西オンリーで。こんな状況だしいろいろ行ったことない所も行ってみよう。凪の日は、渡船する人が増えるんで逆に地磯にはそんなに餌釣りの人が居ないし。

そんなわけで、本日の結果は、崖降り3発、トレッキング2発、回遊待ち1発で不発。完全不発。

“魚に一度たりともルアーに触れさせない”というミッション・インポッシブルをアメージングにコンプリートしてきました(笑)

| | コメント (0)

今週のイッポン アキレスと亀

Img1_1219914041_2アキレスと亀

個人的には高評価。

監督や出演者のインタビューをチェックしてから鑑賞するとより理解しやすいかと。難しい映画じゃないですがいろんな捉え方ができいますので。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 11/06 男鹿シーバス釣行 11/09

6日:夕マズメ、川へ。釣り半分、今時期の川ってどんな感じ?って興味半分。水温12~13℃、ウェーダー、ネオプレーンじゃないしウェーディングはなるべく控えて・・・2時間後しっかり腰まで浸かってました(笑)あぁ~寒む・・・と移動を繰り返してると「ぬる!」っと思わず声が出そうになるほど水温が違う場所がある、その先にはベイトがピチピチ。ペラペラのウェーダーじゃないと気づかんこともあるわけです、でも来年はネオプレーン買おう(笑)今回がラストかな。

9日:4時起きで仕事をやっつけて、男鹿入りが1時。北の波2m、北西風、北はもう撃たれ済みっぽい、人が叩いた後に魚を出せるほどのテクは無し、西へ。

西磯の地図を頭に浮かべ3箇所くらいに狙いをしぼり出発。一箇所目、ここが本命。道すがらちょっと寄り道がてら軽く撃って本命ポイントに向かうが先に撃ってる方がいらっしゃいました。どんな按配か聞いてみると、ここで何本かキャッチしたとの事、出遅れた・・・残念だけど読みは外れてなかったと自分を励まし、雨に打たれつつ2箇所目へ。

2箇所目は、波当たりのいいワンドの入り江周辺、サラシは良い感じだが反応無し。ぎりぎり届く沖根にハニートラップを投げてサラシを過ぎたところからガンガン早引きすると3時の方向から魚雷のように黒鯛が突っ込んできてガン!とアタックして何事もなかった様に帰っていかれました(笑)

3箇所目、しばし回遊待ち・・・回遊お休みの日みたいです。いい加減眠いんで帰ってきました。

やっと、イナダが廻って来てます。北の海の水温が高いのでしょうか?シーズンも少し長くなるのかなぁ?とにかく来週もがんばろう。

| | コメント (2)

今週のイッポン イーグル・アイ

wallpaper_01_800x600イーグル・アイ

製作総指揮は、スピルバーグ。

話のテーマとしては、結構使い古された感が否めない(スピルバーグは10年前からこの作品のアイデアを暖めてたとの事)が、アイデア盛り沢山で結構ドキドキ。

やはり、カーアクション撮らせたらハリウッドが世界一だと認めざるをえない映像、見事。

ただドッカンドッカンぶつけて吹っ飛んでってだけじゃなく、カメラ位置やアングルも工夫されてるし、いかにもすごいでしょ的な見せ方をせず逆に視野がどんどん狭くなってスピード感と緊張感を煽る演出、思わず体に力が入ります(笑)

| | コメント (0)

今週のイッポン シティ・オブ・ゴッド

enter3_01

シティ・オブ・ゴッド

5年くらい前の作品ですが、ずっと観たかったんで秋田で上映してくれてうれしいかぎり。

リオデジャネイロにある“神の街”とよばれたスラム街の事実に基づいた物語。

もっとエゲツナイ映像満載な感じを覚悟してましたが、以外や一人の少年の成長を軸にした青春群像劇、カメラワークや演出もポップな手法です。それがかえって内容の深刻さを浮き彫りにしつつも暗くならず最後までしっかり魅せる映画になってると思います。

小学生くらいの子供たちが麻薬常用して銃で殺しあう日常。日本の不良は、なんて可愛らしいんだろう(笑)

| | コメント (0)

男鹿シーバス釣行 08/11/02

yamaさんと合流して6時西磯着。昼になるにつれ波が高くなり風も南~南西~西と強くなる予報なんで、やれるうちに西磯やっておこうという算段。

009 しかし、既に南からの強風。波は高くないので出発、この様子だと波も早く高まるかなと。

005 こんな雰囲気。(釣り人はyamaさん)

011さらに激雨、しばし岩陰に非難するもこれ以上やってもひどくなるばかりなんで西は切り上げ。こっからは男鹿放浪の旅へ・・・

012雷をやり過ごしてから(あのまま西磯に居たらやばかったかも)北に移動するもこちらでも激雨に遭遇。昼飯を挟んで北をぽつぽつと打ち回ってから南へ。

016

南は、見ごたえがあるくらいの荒れっぷり(笑)平磯も真っ白。車で移動し立てる場所を探していると前を走ってたyamaさんの車が止まり海を覗いて「ここ行けそう」と。014

そして、釣る(笑)

貴重な一本。

俄然やる気になるもこちらはさっぱり・・・

夕マズメから回遊が期待できそうなポイントで回遊待ち。とっぷりと暗くなってから小一時間、「コツ、カカッ」次のキャストでも「ココッ」来たか!ドキドキしてるも後は何もなし、そのあと、yamaさんが80弱を釣るも後が続かない、うぅ~む・・・

13ftの竿で回遊待ちしてたら晩飯時右肩が攣りました(笑)そのあと同ポイントでねばるも波も高くなってきたし、もういい時間なんで納竿。

いやぁ~yamaさん、おつかれした。帰りの運転はやばいくらいねむかったっす(笑)

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »