« 今週のイッポン 百万円と苦虫女 | トップページ | 雄物川シーバス釣行  10/6・7 »

磯鱸装備について

磯で鱸を狙う際のスタイルとして一般的なのが

①ウェーディングベスト+透湿性ウェーダー+ウェーディングシューズ(スパイクorフェルトスパイク)

②ウェットスーツ+フローティングベスト(AIMS等)+磯タビ・シューズ等+ウェストバッグ

ではないでしょうか。それぞれの長所・短所を挙げると、

①の長所

  • ウェーディング装備がそのまま流用できる(経済的)
  • 濡れない(ウェーダー部分は)
  • 脱ぎ履きが楽
  • 荷物がたくさん持てる

①の短所

  • 暑い
  • ウェーディングベストは磯では動きづらい(致命的)
  • 落水時の危険度が高い

②の長所

  • ①よりは動きやすい
  • 濡れても保温性が高い
  • 落水時、①より安全性が高い

②の短所

  • 高額
  • オーダーメイドじゃないとかえって動きづらい
  • 暑い
  • 脱ぎ着が楽ではない
  • 工作員に間違われる可能性(笑)

とまぁこんな感じでしょうか。

自分の最近までの装備は、透湿性ウェーダー(川と共用)+ウェーディングシューズ(スパイク底、ソール交換が楽なタイプ)+AIMSのフローティングベスト+ウェストバッグ。アンダーウェアによって快適性は全く変わってしまうので非常に重要、アウトラストの中厚(バックカントリーの物を流用)を上下着用してます。あとは、季節に応じて上着(モンベル・ライトシェルジャケット等)を変更するといった、①②を混ぜた格好です。しかし、まだまだ改良の余地アリ。

改良理由

  1. 磯では動き回りますし、ベストが保温性がバリバリなんで寒さより暑さによる弊害が大きい。寒けりゃ着ればいいだけの話。装備が重なる腰付近に汗濡れ集中、重なっているため乾かない。
  2. 浅い磯では釣り座まで水に浸かって移動しなければならない事がありますが、自分が良く行くところは足場が高いので水に入る事はまずない。せいぜいひざ下までが濡れる程度。ウェーディングしないならウェーダーは要らない。
  3. そもそも、透湿性ウェーダーは海水での利用に向かない。

まず下半身、前から磯での行動に一番近い(岩場を登り降りし、水に濡れる)スポーツは沢登りだろうと考えてました。使えるものがないかと探ってまして、鮎タイツも考えましたが、いま磯で試してるのがファイントラック・フラッドラッシュタイツ。強力な撥水素材(防水ではない)でほとんど保水しないため乾きが早く快適。暑すぎず・軽く・動きやすく・値段も鮎タイツより安い。下半身タイツだけだとエガシラルックス(笑)なんで気温が高い日は上に海パン、今時期は乾きが早いズボン(マウンテン・エキップメント・コーポのリバーパンツ)、寒くなってきたら雨具のズボンを履くのがいいかなと。靴は磯シューズ(捻挫、くるぶし保護のためハイカットの物を)、ソックスはホールド感が良い、キャラバン・渓流ソックスプロ(3mm)。

上半身は、波を被るので濡れても寒くない時期以外は濡れ対策が必要ですよね。AIMSのベストが暖かいので薄手の雨具等で十分。アンダーは、しっかりした物を、ここはケチらないほうがいいです。あとは帽子と手袋。

バッグは、今のところウエストバッグがいいかな。釣用に市販されてるウエストバッグは収納力が高いんですが、ルアーボックス1個、ショックリーダー、予備フック、行動食、ヘッドランプ(デイゲームでも持って行きます。なにがあるかわからないんで)が入れば十分なんで小さい物で。ランディングツールとプライヤーは利き腕側、ドリンクホルダーとストリンガーは逆側のベルト部分に装着すれば重量バランスも良し。あと、ベルトにロッドのグリップをリールのところまで侍のように差し入れたらブランクスを肩の後ろに回し肩のところで軽く固定(自分は、ロッドベルトをベストの肩部分に付けてます。洗濯ばさみも良し)すれば両手が開いて便利です。

あんまり、参考にならなかったかもしれませんがあれこれ書いてみました。「これがいいぞ」というものがありましたら御教授願います。出来れば安い物で(笑)

今日は仕事で、来週末は外せない用事が入ってしまい釣りにいけません・・・・再来週までおあずけかぁ~あ~磯行きたい・・・

|

« 今週のイッポン 百万円と苦虫女 | トップページ | 雄物川シーバス釣行  10/6・7 »

スズキ」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のイッポン 百万円と苦虫女 | トップページ | 雄物川シーバス釣行  10/6・7 »