« 磯鱸装備について | トップページ | 今週のイッポン イキガミ »

雄物川シーバス釣行  10/6・7

6日:久しぶりのまとまった雨、増水ほとんどありませんが濁りは入ってます。この変化は魚も動く可能性大。

今日は、濃霧注意報が出てるし夜温が高い、車の窓あけて走っても全然寒くない。

まず一箇所目、実績はないのだが可能性はすごく感じるポイント。ボイルはないかなと流しながらキョロキョロしてると10m程先でパシャ・・・パシャ・・・と同じ場所で水面に出る魚アリ。その場所を流すが反応無し。横切らせると近くまで来て「ちがう!」って感じで反転、どうやらトラウト類のよう跳ねてるし、50cmくらい、移動。

二箇所目、2・3投して「こりゃダメだ」と移動。

三箇所目、瀬尻、反転流、トロと一通り攻めるがうざいぐらい蝙蝠が当たるのみ。それにしてもこのポイントはものすごい生命感、水鳥、蝙蝠、小魚わんさか。でも、ボイルは無し・・・帰り際、普段はパスする場所になんともなしに流すとぷるぷるっとセイゴが掛かる。バレルがまた投げるとまた掛かる・・・バレ・・・投げる・・・ゴゴゴン!ゴバゴバッとエラ洗い!今度はいいサイズ!がバレ。こんなとこに溜まってたとは、今日はもうスプークさせてしまったんで明日きちんと狙ってみよう。

家に着き、ビールを一口飲んだところにyamaさんからメール。サヨリパターンで80cm一本(さすが)と、鮎パターンでボイルに遭遇との報告が入ったとのこと。その群れこっちまできてくんないかなぁ~

7日:昨日の溜まってた場所をアプローチに細心の注意を払って攻める・・・昨日と打って変ってまるっきり反応無し。流し方をいろいろ変えてみるも何も無し・・・昨日と同じなのは蝙蝠のみ。おかしぃ~なぁ~と近づいてみると綺麗さっぱり居なくなってる、なるほど。ここに魚が入るのは昨日みたいな条件がそろわないとダメなのかも。逆に読みやすくて良い。

歩いて少し下流に移動。流れが一旦絞られてまた開く場所。ノーマルコモモのマットブラック仕様(マッキーで塗っただけ、笑)を流してターン、ここの流れはコモモの限界流速、巻かずにスイング・・・岸近くの流れが“フッ”と収まるとこでガガガンとヒット!ものすんごい元気で全然寄ってこない、「80あるかもな~」と期待してライトア~ップ・・・あり001_2ゃ!?そんなに大きくない(苦笑)

でも綺麗で背中の筋肉が肉厚、ナイスファイト65cm

ちょうどここで、タイムアップ。

さぁ~帰って、風呂入ってビール飲も~♪

追伸:今朝yamaさんからメール。下流域(多分、場所聞いてないんで)で96cm、6kgがキャッチされたそうです。くぅ~俺も釣ってみてぇ~。レポートは近くNa.craftに報告されるでしょう。楽しみ。

訂正:正確には、6.8kgだそうです。すんげぇ~

|

« 磯鱸装備について | トップページ | 今週のイッポン イキガミ »

スズキ」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

雄物川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 磯鱸装備について | トップページ | 今週のイッポン イキガミ »