« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

雄物川・男鹿シーバス釣行 9/28

10時半に仕事終了。11時出発、今日は、結構な西風が吹いてる様子だが、だんだん収まる予報。まっすぐ男鹿に向かわず、川で少しやってから行けば下げの時間に合うだろうし具合が良さそうだと川に立ち寄り。

12時頃、入水していた近くの反転流から20cmくらいの魚が跳ねたかと思ったら連鎖したようにピチピチ跳ね回って流れに乗ってくだり始める群れ有り。ルアーを通すと毎回のようにスレがかる様子から結構な密度みたい。手元まで寄せる間にバレるため魚種は、はっきりしないがこの時期の魚の動きの一つとして覚えておこう。

下る群れは結構なスピードなんでキャストしながらでは着いていけない。この群れにスズキは反応するのかな?と見えなくなるまで観察するが特に変わった様子もない・・・そろそろ、男鹿に向かう時間なんで川から上がる。

男鹿に入り、西磯に向かう。通すがら北磯の降り口に車がたくさん止まってる、西磯は荒れ荒れで北に流れて来たみたい。案の定、入道崎~長久手~ごんご周辺車無し、弁天丘に数台見える程度、貸切だぁ~♪

003風は、収まってアゲインストの5mくらい。うねりはまだまだ残ってる。ちょうどいい感じ。何度も歩いてる磯、やっぱり気持ちいい、さっぱり釣れませんが(笑)004_2

偏光してこなかったんで(飛沫バンバンくらうんですぐ使い物にならなくなる)見づらかったんですが足元で何度かギラッとしたりはしました。多分レンジとスピードの問題、忘れて行っちゃったんです、その手のルアー・・・反省。005_2

結局、細かく打ちまわったんで、かぶき岩までしかいけなかった。シケたんでなんかベイト打ち上げられてないかなとプールを覗いたりしてみましたがいるのは、グレの幼魚(5cmくらい)しかみつけられませんでした。

今回、磯での装備を変更したらかなり快適&行動スピードアップ、調子いいんで移動はほとんど小走り状態(笑)でも、もうちょっと改良できそうなんで、後で詳しく書く予定。ちなみにウェットスーツじゃありませんよ。

| | コメント (2)

雄物川シーバス釣行  9/26

19時半入水、吐く息が白い、しっかり着込んでキャスト開始。

水位は+10cm程、たま~に岸際でベイトが跳ねる音が聞こえる・・・

20時ちょい前、デッドスローで引いていたジーン130にゴグッとヒット!・・・が水中でグングンと首を振ってる、鯰?「跳ねろ!エラ洗いしろ!」と念じますが(笑)張り付いたように水面に出ない・・・やっぱり、鯰。今日相手してくれたのは、こいつだけでした。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行  9/23

午後からポカッと空き時間が出来たのですかさず釣行。ポイントに車を走らせてる間、雨が断続的に強まったりしてます・・・まぁ、大丈夫だろうと思いつつも一応増水しても安全なポイントに。

入水する頃には、強い横風と雨・・・寒い。一通り釣り下るが反応がない、ふと下流を見ると100m程離れた駆け上がりのラインで水柱が立ってる!おぉ!?スズキ?とりあえずダッシュダッシュ・・・あ~走りづらい(苦笑)、キャストしてあれこれ試みるが反応無し・・・うぅ~ん・・・

魚は居るはず、浅いレンジには反応しない、今日は多分深いところに居ると思う、でもディープのボトムを通してもダメ、縦の攻めもダメ・・・ディープにボトムから少し浮き気味にサスペンドしてやる気がない魚をイメージ・・・今度はボトムから少しづつレンジを上げつつリアクション狙いで不規則にジャークジャークジャー・・ゴゴゴゴン!反応あり!004

ウロコだけ・・・(涙)

フックは2番、楽に1cm以上、ウロコの主はグッドサイズ?

| | コメント (4)

今週のイッポン ウォンテッド

Wanted_14_800_3 『ウォンテッド』 

アクション映画好きが集まって、「こんなのどうよ?」「これって、かっこよくね?」ってアイデア集めて詰め込んだような作品。

ストーリーがダメ、アクションだけ、CGだらけと批判されてますが、そ~ゆう映画なんだから別にいんじゃないかと。単純に楽しみましょう、突っ込み出したらきりがないんで(笑)

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行  9/21

朝起きるとゴジョゴジョと雨降ってる。雨歓迎、さっさと仕事やっつけて釣りに行かねばとがんばりましたが仕事終わりが10時半・・・最初のポイントに付く頃には、やんでしまいました。

今日は、新規ポイント開拓というわけで前々から目をつけてたポイント3箇所回る予定。とりあえず、一番遠いポイントAから。

ポイントAは、以前対岸の草の間から眺めて「これは行かねば」と思っていたポイント。いざ入ってみると「これは、居るでしょ。間違いなく」と感じさせてくれる風景、いいね~

キャスト初めて5分、水深30cmほどのチャラ瀬で強烈なバイト!しかし一瞬でバレ・・・その後何度かチェイスを確認・・・ていうか食ってよ(笑)天候が回復し正午のサイレンが聞こえる頃にはパッタリと反応がなくなりました。広い場所なんで全体の雰囲気をつかむため移動しながらあちこち打ちまわってから昼休憩しポイントBへ移動。

ポイントBは、とりあえず入川ポイントさえ判れば何とかなるはずと、こっからいけばいいのね~と入る場所を確認してポイントCに移動。

ポイントC付近着、時間はすでに3時、4時半には仕事に戻らんといかんので余裕はなし。ポイントCは地図や航空写真を見る限り魅力的だし(ディープ+流芯+駆け上がり+・・・)以前ポイントCの上流で釣りしてた時、明らかにベイトがわんさか寄ってることが多かったんで行きたかったんですが、いきなり夜行くのはやばいんで後回しにしてました。最近やっと楽なアプローチがわかったんで見てみることに・・・いざ、釣り場に着いてみると、うぅ~ん・・・少なくともデイゲーム向きじゃない感じ、ベイトっけも無し。仕舞いには、でかいニゴイが足元を気だるそうに泳いでる・・・はい!移動移動(笑)水位が上がればここはまた違うかも・・・

ポイントBに移動、さっき確認した入川ポイントから坂を下って水辺へ・・・って、いきなり超深い!何でかわかんないけどここの水は透明度高く2.5~3mのボトムまで丸見え一歩も踏み込めません。こうゆう事がありますから昼に確認しとかないとやばいっすね。ここでタイムアップ一旦仕事へ・・・結局釣れんかった(;;;´Д`)

仕事をやっつけ、晩飯後ポイントAに入りなおし。

さくっと釣ってきました007 66cm。

アタリは結構ありましたが乗ったのはこいつだけ、確率が悪いっす。要模索。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行  9/19

8時前入水。2時間やってワンバイトのみ・・・水低く流れ弱し。一雨欲しいところ。

日曜は、仕事の関係で10時~16時半ぐらいまでしか時間が取れないんで、水位も低いし、久々の雄物川デイゲーム新規ポイント開拓に向かう計画です。夜ばかり釣りしてるんでデイゲームは・・・新規ポイント開拓云々書いてる時点で釣れなかった時のいいわけっぽい、すでに弱気(笑)

| | コメント (0)

今週のイッポン おくりびと

Toppageimage_01_2 『おくりびと』

いやぁ~いい映画でした。やさしくて、おかしくて、あたたくて。音楽もすばらしいし、本木雅弘の納棺師としての所作やチェロの奏者としての動きもすごく練習したんだろうな~と感心しきりでした。

多くの人が、大切な人を“おくる”経験をし、いづれ自分も“おくられ”る。この映画を観た人がそれぞれ“おくった”時の思い出がよみがえったんじゃないかと思います。

自分は、じいちゃんが死んだ時を思い出しました。納棺の時が一番悲しかったなぁ・・・なんでだったんだろう・・・

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行  9/16

9月まだボウズなので何とか一匹あげたいところ。

満月の月明かりで幻想的な雰囲気、こんな日は何かが起こる・・・予感がします。

5投目に予感的中!今シーズン最大の銀ピカニゴイ 004_2

私のシックスセンスは、こやつらとシンクロしている模様(笑)

このままでは帰れんとキャストキャスト。コツリとアタリがあるが乗らないという最近多い展開・・・そんな中、テリフDC12がやってくれました!今シーズン最小のシーバス006  あ~えがったえがった(笑)

よく見ると側面に斑点。タイリク?

九時過ぎると冷えてくるようになりましたね。

ウェーダーの水漏れがそろそろやばくなってきた。なかなかみつかんないんすよね、漏水部が。うまい探し方誰か教えてください o(_ _)oペコッ

| | コメント (6)

男鹿シーバス釣行 9/14  

土曜の夜は、川反で飲み会。秋田市で飲む時の定宿と化してる“県庁駐車場”にて車中泊、3時就寝。翌朝、二日酔いでぼんやりしつつ釣りの準備。先日、ラインを持ってかれたので新調。悩みましたが思い切ってVARIVAS Avani Sea bass MAX Power 1号にしました。高性能のPE作れる工場ってそんなに有るわけじゃないから、名の通った会社のならどれ買ってもそんなに変わんないよ、って聞いた事ありますが、どうなんでしょ?前もAvani使ってみて良かったし、まぁ信用買いです。

昼前から映画を一本観て、県庁近くの「山科」でマッターホルンの様にもられたざるそばを食い(うまいっすな。盛りもすごい)釣具屋に寄ってたら、男鹿のポイントに着いたのは夕方004 になってしまいました。

さて、新しいラインはどんな按配だべ?とキャストしてみると・・・おぉ~(驚き)飛ぶわ、確かに。感度は今までと変わんないかな、ステルスグレーは意外と視認性良し、結んだ感じは張りがあって前のより結びやすいと思う。今のところ好印象。

後は、魚を掛けてみるだけと釣り歩くも音沙汰無し・・・・とっぷりと日が暮れ明かりが無くてもラインが結べるほどの月明かりの中しばし回遊待ち。潮目に黙々とキャストを繰り返しますが、何か良くわからん魚が「ガシッ!」っと噛み付いてきただけ、はっきりと音が聞こえましたが何の魚だったのかな?

気がつくと9月一本もあげてません。そろそろ釣らねば。

| | コメント (0)

今週のイッポン 告発のとき 20世紀少年 マンデラの名もなき看守

今週はたくさん観てしまいました。

5b774593b359b1fba1dd8e4b2ab28f8b_2 『告発のとき』

『ミリオンダラー・ベイビー』の監督作品、主演トミー・リー・ジョーンズ。

実際に起こった事件を元に作られた作品です。イラクから帰還した息子が無許可離隊し行方不明との連絡を受け、基地周辺を一人で捜索し始める父親(トミー・リー・ジョーンズ)しかし、息子は数日後焼死体で発見される・・・その犯人とは・・・

戦場で“壊されて”しまった兵士たちのそれぞれの姿が観ていて堪えました。

個人的に一番グッときた台詞「いい奴を助け、悪い奴らを倒す。俺も最初のうちはそう思ってたよ、だけど今は・・・イラクなんて核兵器でふっ飛ばしちまえば良いんだ・・・」

Wp_1024x768_b 『20世紀少年』

原作読んだことありません。浦沢作品では「MONSTER」くらいかな?まともに読んだの・・・

映画はというと、正直、可もなく不可もなくといった感じ。まぁ全部見ないことにはなんとも言えないかな・・・話の規模と映画の規模が合ってないんじゃ?と感じてしまう、要するにお金の問題。ハリウッド並みに予算が組めれば・・・・

Mo5934 『マンデラの名もなき看守』

実話に基づいた映画。アパルトヘイト時代の南アフリカでテロリストとして服役していたネルソン・マンデラの27年間とマンデラの知性や人間性に触れたことや、検閲官として公安にリークした情報によって罪もない黒人たちが死んでゆく事によって、次第に自国の政策に疑問を持ち始める白人看守。しかし、その考えはアパルトヘイト下の南アフリカでは、自らの立場だけではなく家族をも危険にさらす事であった・・・

今では当たり前になってることが、多くの先人の時間、忍耐、情熱、時には人命の上に成り立ってるんだと思い出させてくれます。オススメ。

| | コメント (0)

雄物川シーバス釣行 9/12

19時お気に入りポイントに入水。20時頃まで飽きない程度にアタリが有るが乗らない展開が続く。
21時前、アタリがしばらく遠のいたので「これで、だめなら移動しよう」とルアーチェンジした1投目、キャスト→ドリフトからターンに差し掛かったあたりで違和感。すっとテンションをかけると生命感!スイープに合わせてファイト開始するがこっち(上流)にむかって泳いでくるしあまり手応えがないんで「あんま、おっきくなさそう」となんとも思わず浅瀬にバックしながら10m程の所まで寄せるとバシャバシャと一暴れし、最後の突っ込みでラインを引き出して行く「お~元気だね~」なんて余裕かましてたのですが、全く止まる気配がない、おいおいおい、まじかよ・・・・一気に30mほど引き出される。ものすごい重さで竿はのされっぱなしだし、リールも巻けない・・・ジリジリ・・・ジリ・・ジリと脈打つようにラインだけが引き出せれ続ける。「なんだ?何が掛かった?」
下流に移動しながら間合いを詰め、長期戦に備えて手を休ませたりしつつラインを巻こうと試みる、向こうが気が向いたようにフラフラと動いた時だけラインを巻かせてくれるが、次の瞬間その倍ぐらい引き出される展開。それでも、ぎりぎりまでドラグを締めて、20分程少しづつ少しづつ間合いをつめてゆく・・・「何時間でも付き合ってやる。疲れさせたら、いける」などと考えてましたが、所詮、儚い勝算でした。5分後には3回のロングスパートかまされて130m近くあったラインを全て引き摺りだされての完敗・・・・なにもさせてもらえませんでした・・・・007_2

下巻きだけが残りました・・・・

小さな頃から釣り好きの叔父から「オモノにはバケモンがいる」と何度も聞かされてました。
今日そいつに出会っちゃったんでしょうか?悔しい反面、あんなのが居ることがうれしかったりします。

PS:今回引き摺り出されたライン(蛍光グリーンのPE、130mくらい)を雄物川で釣行の際、どこかに引っ掛かってたりしてるのを発見しましたら連絡いただけたら幸いです。できれば、回収に向かいたいと考えてます。

| | コメント (0)

クライミング認定講習 男鹿釣行 9/07

9時半から、八橋のスポーツ科学センターのクライミングウォールで認定講習。受付に行くと・・・あれ?かずっちさんだ~講習ご一緒する事に。

15時半頃まで講習と実技。やっぱり、クライミング楽しい。はまりそう(笑)あまりに久しぶりなんで(5年ぶりくらい)無駄に筋肉使って疲れてしまいあんまり登れない。まぁ、センスがないのは判ってるんでトレーニングして地道にがんばろうかな。

なんと、同じ講習に高校同期の知った顔が。聞くとバックカントリーも始めてるとのこと、仲間が増えた( ̄ー ̄)ニヤリ

夕マヅメ男鹿到着。天気も風向きも予報通りみたいなので風表の北磯へ。001_2

風は、北北西の風6~8m(体感で)、波1m程、濁りはそれほどでもなし。サラシも少し出てる。まあまあいい感じ。

立てるところを探しつつ打って歩きますがなかなか反応がない・・・ベイトが居ないのかな?鳥も居ないしなぁ~うぅ~ん・・・

002 そんななか唯一反応があった沖根。左側を通したときにアタリましたが、一瞬でバレました。

19時頃までつり歩きましたが掛かるのは河豚・フグ・ふぐ・・・でも、河豚が良く掛かるルアーは個人的に一軍。フグも誘えないんじゃちょっとね・・・って考えるのは、俺だけでしょうか?

| | コメント (2)

雄物川シーバス釣行  9/1・3・5

1・3日は、本命ポイントに入るには水位が高いため、いつも車で通り過ぎてしまう“ここは、いつでも来れる”ポイントをそれぞれまわり、ラインブレイク1回のみ。

5日:本命ポイントへ。ドリフトメインで探ると、特定のルアーにのみアタリがあるが針掛りまで至らない。何が違うんだろう?と足元を流して違いを検証・・・ちょっと勉強しました。

日曜は、夕方男鹿に行く予定。どこで釣るかは状況しだい。

| | コメント (3)

今週のイッポン アフタースクール

1024_768_2  公式サイト

大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人といった人気中堅所が出演で話題(?秋田ではあんまり宣伝してませんが・・・)の作品。

おもしろいです。芝居巧者がそろってるしストーリーも良し。気持ちよく騙されました。いろんなところに付箋が敷いてあって、映画後半にガシガシと辻褄が会ってゆく感じがなんとも(◎´∀`)ノ

あんまり裏読みせずに映画に没入すると楽しめますよ。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »