« 今週のイッポン 告発のとき 20世紀少年 マンデラの名もなき看守 | トップページ | 雄物川シーバス釣行  9/16 »

男鹿シーバス釣行 9/14  

土曜の夜は、川反で飲み会。秋田市で飲む時の定宿と化してる“県庁駐車場”にて車中泊、3時就寝。翌朝、二日酔いでぼんやりしつつ釣りの準備。先日、ラインを持ってかれたので新調。悩みましたが思い切ってVARIVAS Avani Sea bass MAX Power 1号にしました。高性能のPE作れる工場ってそんなに有るわけじゃないから、名の通った会社のならどれ買ってもそんなに変わんないよ、って聞いた事ありますが、どうなんでしょ?前もAvani使ってみて良かったし、まぁ信用買いです。

昼前から映画を一本観て、県庁近くの「山科」でマッターホルンの様にもられたざるそばを食い(うまいっすな。盛りもすごい)釣具屋に寄ってたら、男鹿のポイントに着いたのは夕方004 になってしまいました。

さて、新しいラインはどんな按配だべ?とキャストしてみると・・・おぉ~(驚き)飛ぶわ、確かに。感度は今までと変わんないかな、ステルスグレーは意外と視認性良し、結んだ感じは張りがあって前のより結びやすいと思う。今のところ好印象。

後は、魚を掛けてみるだけと釣り歩くも音沙汰無し・・・・とっぷりと日が暮れ明かりが無くてもラインが結べるほどの月明かりの中しばし回遊待ち。潮目に黙々とキャストを繰り返しますが、何か良くわからん魚が「ガシッ!」っと噛み付いてきただけ、はっきりと音が聞こえましたが何の魚だったのかな?

気がつくと9月一本もあげてません。そろそろ釣らねば。

|

« 今週のイッポン 告発のとき 20世紀少年 マンデラの名もなき看守 | トップページ | 雄物川シーバス釣行  9/16 »

スズキ」カテゴリの記事

男鹿」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のイッポン 告発のとき 20世紀少年 マンデラの名もなき看守 | トップページ | 雄物川シーバス釣行  9/16 »