« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

男鹿釣行 8/31

今日は、川じゃなく海へ。大好きな磯でのルアーフィッシング。季節的には黒鯛が本命。

002昼前に門前着。門前にした理由は、歩いて回れる地磯(ルアーのメリットを生かす意味でも広範囲に釣り歩けるポイントの方が良いと考えとります)で、行った事がなかったから。門前への行きすがら館山・潮瀬を見る限りルアーの人はアオリや根魚が大半な感じ。まあ、昼間ですからね。門前はというと、風なし・波なし・流れなし。素潜りには絶好のコンディション(笑)素潜りの人がたくさん居る中、フル装備で大汗かいてルアー投げてるのはかなり場違いな感じ、よって一折り打って回って撤収。相手してくれるのはフグのみでした。005あと、高い滝があるとは知りませんでした。綺麗。

昼飯を食いつつ、気象情報・地図・航 空写真を見てこの状況だと北磯だなぁ~と移動 。

午前中はあまりにも暑かったんで、午後からはトランクス一枚に直接ウェーダーとベスト、快適。最初っからこうしとけばよかった・・・南磯に比べ多少(ほんとに多少)波気あり、少し濁りも。ルアーチェンジを繰り返しながらさくさく移動して打ち回り、黒鯛のチェイスがあるのかもしれないが黒鯛のって見えづらくありません?俺だけ?

16時頃、折り返し。沖の流れが西からの流れに変わってる。西磯に移動かな?・・・などと思いつつ車に戻りながらいけそうだなって場所だけ打ち直し。少し風が吹き始め、波も少しでてちょっといい感じになってきたなぁ~と思った矢先、裂波にドゴォ~ン!!!ヒィィットォォォ!!!!シャンパンゴールドの生物がジャ~ンプ!お!スズキだ!根に潜られんようにガシガシとポンピングで寄せてランディング。73cm。011黄色が強い体色、黄色い岩に黄色っぽい海草がそこらじゅうに、居付きですな、多分。群れが入ってきたんじゃないのねと同じラインを通すと・・・もう一発ドゴォ~ン!!!マジ?ひさびさの連荘だぁと鼻息荒くファイトしてると下へ下へと突っ込んでゆく感じ本命っぽいぞ~・・・ほらやっぱり~ 男鹿って素敵(笑)

015_2

| | コメント (2)

雄物川シーバス釣行  8/27・29

27日:しばらく入ってないポイントに行ってみようかと。

このポイントは、道中にスタックポイントがあるため、草が伸びて地面が乾きづらくなると歩いていかねばならないため、あんまり人が来ない所。車を置いて歩き出すとすぐにヘビー級のヤブ。覚悟はしてきたので突っ込みますが永遠ヤブヤブヤブヤブヤブ・・・・全っ然川に出ない、それでも突き進む事30分・・・・ここはどこ?身長の2倍ぐらいある草に囲まれ、暗闇のなかヘッドランプ一つ・・・遭難(笑)このまま突っ切っても川には出るだろうが釣りしてからまたこのヤブコキするのかと考えたら心折れました。車まで戻るころにはへろへろ。全身汗だくに虫刺されまくりです・・・しんどかった~

一度も竿を振らずに帰るのも癪なんで、気になってた場所を覗きにいきました。車を止めると、少し離れたところでヘッドランプが揺れてる。実績があるのかな?ストラクチャー周りを一通り攻めてみましたが反応なし。

29日:入りたいポイントがあるんだけど水位と天気が微妙。そのポイントは、夕方時点の水位では入水できるけどそれ以上水位が上がると退路を絶たれる可能性有り。ゲリラ豪雨も心配だし止めときました。比較的安全な場所に行ってみましたがベイト全然居ない、案の定カスリもしない。釣れないんでポイントについてあれこれ思案しててちょっと思いついたこと有り。今度試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のイッポン デトロイト・メタル・シティー

Mo6029_f1 公式サイト→デトロイト・メタル・シティー

封切から間もないとはいえ、かなり人が入ってました。松山人気?原作おもしろいしね。

ライブ映像とタイトルバックはすごくかっこいいし松山の“入りっぷり”も見事。

でも・・・なんかもうちょっといけたんじゃないかと思うのは自分だけ?おもしろいんですよ基本的には、でもなぁ・・・うぅ~ん・・・

『ダークナイト』早くも上映終わりそうです。あんなにおもしろいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もらっちゃった その2

なんと、よく覗いてる釣りHPのYさんからCO2添加機材一式譲っていただける事になり、釣行ついでに受け渡しということで、仕事をやっつけてから男鹿まで行ってきました。

Yさんとは初対面ですが、気さくな方で親切に機材の説明をしていただき、受取。ありがたやありがたや。

魚の方は釣れてくれませんでしたが、ポイントの事やらいろいろとお話しが聞けて非常に有益な時間でした。

Yさ~ん、ありがとうございました~これからもどうかひとつよろしくお願いしま~す。なんかいいネタがあったらこっそり教えてください(ニヤリ)

さて、話変わって男鹿への道中、晩飯どっかで食ってこかと思い、まず狙いはAji-Q協和店(13号線大曲から秋田方面に行くと左側の店)。Aji-Qフリークの自分の採点基準は“南蛮ラーメン”がうまいかどうかの一点。協和店のはかなり好きなんです。しかし、火曜は定休日じゃなかったけ?と思ってたら案の定、よって“河ドラ”行ってきました。

個人的に河ドラで一番すきなのは、肉野菜定食。焼きそばもなかなかだし、チャーハン、あんかけ類も人気あり。散々悩んだ末に頼んだのは“焼きうどん”初顔合わせです。

出てきた、焼きうどんは鉄板に乗って、塩系の味付けのよう(焼きそばは、さらに乗ってソース系)食べてみると・・・・うまい・・・なんだこのチーズみたいなコクは、おおあたぁ~りぃ~。ご飯とも合いまな。これでますます河ドラでメニューみて迷う要素が増えてしまいました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行  8/25

久々の釣行ですが、長雨、低気温で川の状態はかなり変わってる様子。神宮寺で+1mオーバー(神宮寺観測所は、+20cmで平水)増水のみのポイントをみてみる事に。

19時頃ポイント着。水は高いがゴミはそれほどでもない。いけそう。

2投目、ストラクチャー付近でバシュ-と水面が割れる。ちょっと驚きつつ少し貯めてからフッキング、が一瞬かかってバレル。ん~・・・しばらくすると同じ場所でまたバイト、が乗らない。その後の3投目にまた同じ場所でミスバイト・・・鯰?鯰だろな、このしつこさは。と、気にせずキャストしていくとまた同じところでバイト!今度は乗った。めんどくせ~な~とファイトしてると・・・ん?あれ?スズキだ(笑)72cm。048_2もう一箇所回るがそちらは、だめでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08 大曲の花火

前の記事の5番までは、スケジュールどおりの行動。前線基地で飲んでる間シトシトと雨降りだしたので昼花火パスして5時45分基地発。 004_2

すでに帰る人多数。毎年のことだけど明らかに準備不足の人いっぱい。雨予報でてるんだから対策すればいいのに・・・大曲の花火は、浴衣に団扇の“花火大会”ってより“アウトドアイベント”なわけですからアウトドアである以上、足回りからしっかり固めていくのが基本。当日の天気はもとより前日までの天気も考慮に入れればスニーカーなんて選択肢はないはず。わかってる人はちゃんと対策して楽しんでます。まぁみんな一回ぐらいは痛い目みてからなんですけどね(笑)

006 桟敷着、基地から小一時間掛かりました。水溜りをよけて歩く人がいるための渋滞、こちらは、長靴(ミツウマの軽量モデルに、古いスキーブーツから取り出したシダスのカスタムインナーを入れてます。すんげー調子いいっす)なんで水溜りも、ぐちゃぐちゃ地面もおかまいなしにザバザバと突き進みます。優越感、ふふっ。

今回は最前列の地べた桟敷、打ち上げ場が全部見えて楽しい。しかし、高い花火はほとんど真上見なきゃなんなくて首がきついです。花火写真も動画も上手な人におまかせしてのんびりと楽しみました。雨の花火もまた良し、発色が綺麗に見える感じがします。毎年はいやですがね。

043 最後はやっぱり、花火師さんに光を振って締め。今年もよかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は花火

おはようございます。今さっき起きました。

今日は、花火なんですが天気がやばそうです、夜から雨予報・・・・うぅ~ん今年はどうしようかな。

例年のスケジュール

  1. 朝から酒
  2. 家で昼飯食って3時くらいまで昼寝
  3. シャワー浴びて出発(4時半くらい)
  4. 歩いて10分程で“前線基地”(親戚宅)に
  5. 基地で酒
  6. 昼花火が始まる頃よろよろと出発
  7. 5時半~6時半ぐらいに桟敷着
  8. 夜花火鑑賞
  9. 花火師さんにライトを振って夏が終わったと感じる
  10. 基地に戻って酒
  11. 帰宅就寝

まあ、今年も似たような感じになるのかな(下の階ですでに飲み始めてる様子)雨対策しなきゃ、合羽(傘は顰蹙を買うこと必至)と長くつとシートとクッション。雨だとかえって飲み物食い物が少なくて済むってメリット?が。あっ、大きいビニール袋忘れてた。

いろんな、サイトで大曲の花火に関するアドバイスありますが、自分もちょこっと書いてみます。

  • 晴れてても、雨具兼用になるものを持ちましょう。川霧がでます。
  • 公共交通機関を利用しましょう。車はメリットありません全く。
  • どうせ観るなら桟敷買いましょう。花火は全て桟敷で観るように打ち上げられます。専用のトイレもあります。(ほとんど混みません)
  • 飲み物等は“お祭り価格”です。会場はさらに高値。
  • 桟敷で観る際の最重要ポイントは、自分の桟敷の場所を正確に覚えることです。桟敷で観た事がある人はわかると思いますが、桟敷は暗く・広く・みんな同じ作りで・みんな花火観てます。後ろから出入りしますので、トイレにでも行って帰ってくるときは“後頭部の海”暗い中自分の仲間を探すため細い通路(靴をおいてあるので歩きにくい)うろうろしてる光景が桟敷中でおこります。明るいうちに行ってピンポイントで覚えておきましょう。
  • 大会提供が終わると帰り始める人がいますが、事情がないのであれば最後まで観ましょう。3分の1くらい観ないで帰る事になりますし、どのみち混みます。最後まで観た場合は、桟敷から出られるのは最後の方ですので、帰り急ぐ人を尻目に桟敷でノンビリしてましょう。暇つぶしグッズあると便利、暖かい食べ物があるとさらに良し(昔、ガスコンロとなべ持って行っておでん食ったこともありました。)
  • 電車で来た場合は、とっとと帰らず駅周辺か飲み屋街で休憩がてら一杯ひっかけて比較的空いてる終電近くの便の利用がおすすめ。休憩と暖かい食べ物が欲しくなる時間です。花火の日は飲み屋さんは暇なそうです。
  • 携帯は通じないものと思って計画を立てましょう。
  • メインゲートは激混みすることがあります。遠回りですが一本隣のゲートのほうが流れてるので結果的に早かったりします。
  • 道がわかんなくなった時とかは、警備員や交通整理の人に聞いても土地勘のない人がほとんど。地元っぽい人か警察に聞きましょう。
  • トイレに困ったら民家にお願いしてみましょう。気持ちおいてくのが礼儀です。
  • 良い花火には惜しみない歓声を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週イッポン いのちの食べ方 ダークナイト

Dl_07_s_2 『いのちの食べ方』公式サイト

“食材”がテーマのドキュメンタリー。

農業・漁業・畜産・酪農など、我々が普段口にしている食材がどのようにして生まれ・育てられ・殺され(もぎ取られ)・加工されていくかを、そして、その現場で働く人々をナレーションも注釈も音楽もなしに淡々と映像だけが流されてゆきます。潔癖で効率的に大量生産されてゆく“食材”。こういった第一次産業は「いのちを支配する仕事」だとあるジャーナリストが本に書いたのを思い出します。(この本もいずれ紹介したい)ショッキングな映像もあります、それが良いとか悪いとか可哀相だとかというのではなく、我々は、“知っておく”必要があるのだと、強く感じます。

Mo5997_f1 『ダークナイト』公式サイト

ぜひぜひぜひ劇場で観てください、まじで。DVDましてやTVじゃ逆に損です。今のところ年間最優秀作品の有力候補ですな。

150分以上の長い映画なんですがまったくそんなの感じませんよ。完成度高いっす。アメコミ物だと侮ってたらやられますよ。

ジョーカー役のヒース・レジャーがすばらしい。個人的にこういった“純度100㌫の悪”みたいなキャラに惹かれるとこがありまして、『セブン』の犯人(名前忘れた)とか、『ノーカントリー』のアントン・シガーとかジョジョのDio等々、ジョーカーもこのラインナップに名を連ねる事決定です。

しかし、非常に残念ながらヒースレジャーは、先日亡くなってしまいました・・・もう、彼のジョーカーは観る事は出来ません。惜しい。

出来れば、前作『バットマン・ビギンズ』(同監督作品)観とくとかなりすんなり話しに入れるかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶくぶく

久々にアクアリウムネタを。

家の熱帯魚水槽は、自家製CO2で添加してます。作り方を簡単に紹介。

003 材料は、砂糖・寒天・イースト。

004 砂糖500g、水500mlで普通に寒天を作る要領で荒熱が取れたら2㍑のペットボトルに注ぎます。005

冷やして固めましょう。006

固まったら常温に戻して、ぬるま湯200mlにイースト1袋(約6グラム)をといて注ぎます。

後は、装置に繋ぐだけ。

寒天とイースト液でペットボトルの半分以下にしておきましょう。初期醗酵が激しくなると、ムース状になったイースト液が水槽まで到達してしまう事がありますんで。

暖かい時期は、涼しいところに、寒い時期は、外部濾過機と一緒に断熱材で括りましょう。

008

醗酵が始まりました。20分ほどで水槽のほうにもぶくぶくときます。

詳しく知りたい方は、こちらのHPを参考に。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

もらっちゃった

15日朝、従兄弟からメールが「ライジング来てる?」

ライジングとは、RAISING SUN ROCK FESTIVALの事。ほぼ毎年のように行ってたんですけど、今年は諸事情で不参加。従兄弟は仕事で行くとの事(いろいろなミュージシャンの舞台監督をしてる)不憫に思ったのか、グッズを送ってくれて、今日届きました。001 002 004

スタッフTシャツとキャップ。

007今年度版の ポーチに東京事変のピックとピンバッチ(超レアなんだって)それとクルーパス?なのかな。

この手の“関係者物”大好き、すげーうれしい、従兄弟に感謝感謝。

来年は、行きたいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 8/17 18

17日:今年の盆は、遠出が出来ず、惰眠→酒→読書orオリンピック→酒→惰眠のヘビーローテーションにいい加減飽きてきたんでデーゲームついでにポイント開拓へと出発。

地図で目星つけた場所へ勘頼みでハンドルきってホントに行けるのかドキドキしながら 行ってみると・・・・おっ行けた。ん~これはあきらかにデイゲーム向きじゃない(笑)季節的にも。初めてだし、少し歩き回って、流れがどんな按配かとキャストして回って引き上げ。ここは、俺が知らなかったってだけの場所だろうなと。今度は夜来てみよう。

18日:19時半同ポイント入水。記憶を頼りに立ち位置を決めキャスト開始。なんとなく「あっさり釣れそう」と感じる・・・3投目、あっさり鯰(笑)捕獲、食った場所的に予想してたけど。

その後、手を替え品を替え3時間ほど、何度かモゾモゾっときたり、ショートバイトや針先だけかかって外れたりと、居るんだけど食わせきれない。未熟。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週イッポン 愛おしき隣人

Mo5909_f1 公式サイト

予告編を観てこれは観たいと結構期待して劇場に向かった北欧映画。

正直、ちょっとシュール過ぎるかなと。場面転換のタイミングも遅すぎると感じるのは自分だけ?設定とか色彩とかはすごく好き、精神科医と教会で祈り止めないおばさんのセクションが肝なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 8/13

久々の釣行です。別に忙しかった訳でもなく、単純にオリンピック観たいんで朝マヅメに出撃しようと3時起きに目覚ましセットしてたんですが、

1日目:露骨に酒が残ってたので、

2日目:寝坊、

3日目:さらに寝坊(目覚ましがありえない場所から発見される。七不思議)

というわけで、今朝やっとこさもぞもぞと起きて行って来ました。盆、丑三つ時、人気のない場所の3点セット、ちょっとドキドキしながらポイントへ。

入水した瞬間、足元でなにやらデカイ魚がゴバッ!と動いてビクッ!と驚かされたりしながら(向こうはもっと怖かったろうけど)様子を見ると、この時間の方がやはり生命感があるなぁ~と、シャローにベイトビチビチ。

いくら静かに入水してるつもりでも魚にしたら大魔神が歩いてるが如きにかんじるんだろうなぁ~などと考えながらゆっくりと沖に進みキャスト開始。

一通りただ引きで攻めるがカスリもせず、ドリフトで流した1投目にヒット!かなり自信のない攻めでヒットしたので結構うれしい(笑)61cm。 200808130401000_2

すっかり明るくなった5時頃、ちらほらとライズしてた魚(魚種は不明、15~20cm)が立ち位置周辺で活発にライズを繰り返し始める。結構な規模と量、これはスズキも無視できないんじゃと期待しながらキャストしてるとやはりアタリがあるがいずれもショートバイト、20分ほどでライズが収まるとアタリも遠のき、本日納竿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週イッポン 地上5センチの恋心

Mo5865_f1_2 公式サイト

フランスで大ヒットを記録した、ラブコメディー。

最初は、“追っかけおばさんのドタバタラブコメ”か?と斜に構えて観ておりましたが、バルタザール(主人公がずっぽりはまってる小説家)が突然、玄関口に現れたあたりから、だんだんと引き込まれるように面白くなってきました。

本が好きなのに化粧品売り場担当でも、娘はいつも不機嫌で一日中バイクいじってるだけの足の臭いデブの彼氏をずっと家に連れ込んでても、向かいの家はスワッピング好きの筋肉バカ夫婦でも、息子がホモでも、自分なりに楽しさをみつけ、裕福ではないけれど幸せに生きる姿がほほえましく、時折見せる一本筋の通った“大人の女性”としての一面がなんとも魅力的。

カトリーヌ・フロ恐るべし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 8/04~07

4日:水位プラス50cmの状態なんで、増水じゃないと釣りにならないポイントに入ってみる事に。ファーストキャスト・・・?浅くなってる?長雨で堆積物がかなり溜まったのかな。根がかりに注意して2投目にヒット!が3秒で鯰と気づく、あぁ~・・・散々ローリングかましてリーダーにべっとりヌメヌメこすり付けてお帰りになられました。

5日:水位もある程度落ち着いたんで本命ポイントに。1時間ほどで着水ヒット!が痛恨のラインブレイク、しばし呆然・・・さらに1時間音沙汰なしでだめかなぁ~と思い始めた所に残り竿三本分くらいでアタリもへったくれもなしにガッツン!ドラグジィーーーーやっほ~い(喜)ずりあげようとしたところでオートリリースしちゃいましたが70cmちょい足りないぐらいのサイズ、楽しめました。

6日:久々に夕マヅメの釣りをしたいと、飯抜きで入水。3投目であっさり釣れたがサイズがいまいち40cm程。009 そのあと、当たるのは蝙蝠のみ。

7日:油が高い昨今、なかなかと遠いポイントに足が向かないんですが、がんばって車を走らせてみました、といっても20分程ですが(笑)入水場所に向かうが何かおかしい・・・って川への道がそっくりなくなってる!!!!このあたりで集中豪雨があったと聞いてはいたけどこんなになってたとは・・・・かなり危険です。今シーズンはもうここからは入れないかも。違うポイントに向かいますが、さっぱり釣れる気がしないんで早々と引き上げてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雄物川シーバス釣行 8/03

なかなかタイミングが合わず10日以上ぶりの釣行(19時半~)です。

結果から言うとボウズでした。増水と低水温で大分状況が変わってしまったのかな?これから、しばらく夏らしい天気が続く模様、夏枯れ、高水温となる見込み・・・ということは、あの辺かあそこかなぁ・・・

004 昼過ぎ、暑いんでバイクでだらだら流し。

大曲の花火の桟敷です。これから天気が続くようなので急ピッチで仕事が進む事でしょう。おつかれさまです。これを見ると“今年も来たな”と感じます。

自分も大曲の人間なんでそうなんですが、大曲の花火がすごいと思ってますが、どれくらいすごいかは正直よくわかってないんじゃないかと。

大曲の人間って「大曲の花火しか観た事がない」って人がほとんどじゃないかなぁ~自分も含めて。

こうゆうことよその人に言うと「贅沢病」と診断されますが(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今週イッポン 崖の上のポニョ

Jacket_3  公式サイト

宮崎監督ってやっぱすごいわ。

ものすごい創造力、荒れ狂う濃紺の波の上を赤い服を着た女の子が走ってる画なんてもう・・・たまんないっす!

あと、いろんなこと良く観察してるよなぁ~と、子供や魚の動きが「そうそう、そう動くよね」って感心しきり。

ポニョの妹たちの顔や色が微妙に変えてあったり、リサが運転する軽自動車の動きがカリオストロっぽかったり、ポニョが人間に変化する過程が生物の進化の過程(魚類→爬虫類→哺乳類)だったり、あぁ~たのしかった。

欲を言えば、後半にもうひと山あっても良かったかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »